猫が『姿を消す』のは“死ぬ前”って本当?気になる真相と理由

猫が『姿を消す』のは“死ぬ前”って本当?気になる真相と理由

猫が死ぬ前に姿を消す…という話はよく聞くと思いますが、それって本当なのでしょうか。実はあまり知られていない真相が隠されているのです!本記事では「猫が姿を消す」話の真相と理由についてご紹介したいと思います。

1312view

1.猫には「死」の概念がない

墓の前の猫

猫には「自分が死ぬ」ということを理解することが出来ないと言われています。これは猫に限らず人間以外の動物全般がそうだと考えられているのだそうです。

それが本当ならば猫が自らの死を予期して姿を消す…というのは違うということになりますね。

ですが猫が姿を消した後にそのまま死んでしまった、という話も実際にはあります。猫に自分の死期が分からないのであれば、それは一体どういうことなのでしょうか。

2.「姿を消している」のではなく「隠れているだけ」

セーターに埋もれる猫

猫は体調が悪くなると静かな場所や落ち着ける場所で休みます。これはちょっと休めば回復する体調不良の時はもちろん、命に関わる病気の時でも同じです。

野生の動物はケガや病気にかかってしまうと他の動物から襲われないために隠れて休みます。これは家猫にも備わっている本能で、体調の悪い時には隠れたまま出てこないといった話もよく聞きますね。

もちろん少し休んで回復するのなら良いのですが、命に関わる病気にかかってしまっている状態だと回復を待っているうちに命を落としてしまった…ということもあるでしょう。この行動が「猫は死ぬ前に姿を消す」というふうに解釈されている話の真相なのだそうです。

3.他にもある!猫が「姿を消す」理由

子育て中

猫が姿を消すのは体調が悪い時やケガをしてしまった時だけではありません。住環境に不満が出た時に自発的に家を出てしまうこともあります。

例えば、飼い主さんが連れて来た新入り猫との折り合いが悪く、居心地が悪くなったり「ここに自分の居場所がなくなった」と感じてしまったりした時ですね。また発情期を迎えると相手を探すために外に出て行ってしまうこともあります。飼い主さんが玄関のドアを開けた時に飛び出してしまうこともあるでしょう。

このような様々な理由から「脱走」してしまう猫ですが、脱走した先で地元の外猫たちから「縄張りを荒らす者」として追い立てられてしまうと、逃げているうちに帰り道が分からなくなり、結果として迷子になってしまう猫も出てくるのだそうです。

まとめ

去っていく猫

猫は自分の死を予期して姿を消す…という話はとても有名だと思いますが、実際には自分が死ぬとは思っていなくても結果的にそうなってしまった、ということのようですね。

さらに猫は自分の体の不調や痛みを隠す生き物です。隠れるのは余程の事態になってからの場合が多く、さらにそれまでは普段と変わらない生活をしていることもあるため、飼い主さんが気づくのが遅れてしまうことも。

愛猫が普段見せる行動をしっかりと把握し、いつもと様子が違うと感じたら動物病院を受診することで、病気やケガの重症化を防ぐことも出来れば、猫に姿を消そうと思わせるリスクも少しは減るのではないでしょうか。

スポンサーリンク