猫がおもちゃを持ってくる時の心理3選

猫がおもちゃを持ってくる時の心理3選

オモチャを持ってくる猫は大変に可愛いですよね。しかし、可愛いだけではなく大切な理由が猫にはあるようです。それではオモチャを持ってくる猫について見ていきましょう。

674view

1.遊びたいニャ〜〜〜

ジャラシ系のおもちゃの前で寝る猫

人間と遊びたくて、オモチャを咥えて持ってくることがあります。

重たいオモチャでも引きずりながら人間の目の前に持ってきてポトリと落とします。座りながらしっぽを横に軽くフリフリして期待に満ちている表情をしているでしょう。ぜひ、オモチャを投げたりじゃらしたり、猫の大好きな遊び方をしてあげましょう。

特に、ジャラシ系のおもちゃは獲物の気分になってみましょう!猫に捕まらないように逃げてあげると猫から喜ばれます。ただし、何度か捕まえて達成感を味わってもらわないと、猫にストレスが溜まってしまいますのでご注意ください。

2.狩りをしてきたニャ!

オモチャに噛み付いている猫

猫の本能から、狩りをしてきたよと意思表示をするためにオモチャを持ってくる事があります。

室内で暮らす猫は、全く狩りをしなくても飢えることなく食べる事ができます。しかし、本来は狩りをしなければ食事を食べる事ができなかった遺伝子が猫の中には残っています。そのため、瞬間的に狩りをしたくなるようです。

その他、常に狩りをしていない人間の目の前へオモチャをお手本として持ってくる場合もあります。人間のことを狩りのできない子猫と思っているのかもしれませんね。ありがたく受け取ってあげましょう。

3.褒めてニャン!

オモチャでジャラシても無反応の猫

褒めてほしい時も、オモチャを人間の前に持ってくる事があります。

目の前に持ってきたオモチャで遊んでも乗ってこない、しかし側から離れていかない時は褒めてほしいと思って間違いがないようです。猫が人間を魅了してやまないのは、このような感情を持っていることかもしれませんね。

高めの声でオーバーに猫のことを褒めてあげましょう。可愛い、綺麗、美しい、かっこいい、優しいなどなど前向きな言葉は猫にも伝わり喜んでくれます。同時に、撫でたりスキンシップもたっぷりとしてあげましょう。

まとめ

ジャラシ系のおもちゃの前の猫

猫がおもちゃを持ってくる時の心理3選についてお伝えいたしました。

猫は、人間とのコミュニケーションをとても大切にしている動物です。猫が人間に対して何か行動を起こすときは、必ず重要なメッセージがあると考えてくださいね。

猫の心を汲み取って、ますます距離感を縮めようではありませんか!

スポンサーリンク