猫がする『気付きにくい愛情表現』5つ

猫がする『気付きにくい愛情表現』5つ

ずっと後ろについてきたり、膝の上に乗ってきたりする場合、猫から愛されていることは分かりますよね。その他にも、実は多くの形で愛を伝えてくれているのです。それでは猫の行動を見ていきましょう。

947view

1.ゆっくりと瞬きをする

まばたきをしている猫

猫がゆっくりとする瞬きは挨拶と言われ、猫の愛情表現の一つです。

まばたきは「敵意がないよ」と相手に示す行為とされています。猫からゆっくりと瞬きをしてもらった時は、逆に人間からも瞬きをゆっくりとお返しましょう。

ただし、猫が恐怖を感じている時に行う瞬きもありますので、状況から判断する必要があります。

2.じっと見続けてくれる

座ってこちらを見る猫

ジーッとこちらを眺めてくれる時は、猫から愛されています。

野生界で視線を絡める場合は喧嘩を売っている状態で、一触即発寸前です。そのため、すれ違う猫はお互いに目を逸らす事が普通です。

しかし、人間と一緒に暮らしている猫がジーッと見つめてくれる場合は、相思相愛と思って間違いがないでしょう。

3.お尻を向けてくる

お尻を向けて座る猫

猫がこちらに後ろを向けていると、なんだか嫌われていると思ってしまいがちですが、実は信頼度抜群な猫の様子なのです。

お尻やお腹は猫の急所です。その部分を向けてくる猫は、人間に対して絶大な信頼感を持って安心しきっているのです。

なお、お尻をペタッと身体に密着させてくる場合は、猫の方が人間を守っている可能性もあるようですよ。

4.尻尾をピーンと立ててくる

こちらへ近づく尻尾ピンの猫

同じお尻繋がりですが、垂直に立てながら近づいてくる場合も愛されています。

子猫時代、親にお尻を舐めてもらい排泄を行なってきた名残と言われます。人間を母猫と思っている猫によく見られる仕草です。しっかりと撫でて猫へ愛情を示してあげましょう。

5.耳をベターっと倒す

撫でられて耳を倒す猫

撫でている時に耳を倒してくる猫は、人間の事が好きで好きでたまらないのだそうです。

通常、猫が耳を伏せている時は恐怖感を感じ威嚇をして緊張している状態です。しかし、究極に恍惚を感じリラックスをしている状態では耳を思い切り倒してくれるそうです。

まとめ

パソコンでリモート会議をする女性にお尻を向けている猫

猫がする『気付きにくい愛情表現』5つについてお伝えいたしました。

いかがでしたでしょうか?愛猫たちは一生懸命、人間に対して好意を示してくれている事がわかりますよね。

猫と人間がお互いにコミュニケーションをすることで、ますます猫との生活が充実することは間違いないようですね。

スポンサーリンク