猫に『拒絶』されてしまう飼い主の行動4つ

猫に『拒絶』されてしまう飼い主の行動4つ

飼い主さんが何気なくする行動には、愛猫に拒絶されてしまう可能性が高いものもあります。愛猫との信頼関係を壊さないために、猫に嫌がられるようなことはしないように気をつけたいですね。飼い主さんが避けるべき、猫に拒絶されてしまう行動を4つ紹介します。

2911view

猫と仲良く暮らすコツ

飼い主さんに抱っこされる猫

猫と仲良く暮らすには、猫が嫌がることをしないように心がけるのが大切です。お世話をしっかりしても、おやつやおもちゃでご機嫌をとって好かれようと努力しても、無自覚に猫を不快にさせる行動をとっていると愛猫との関係がぎくしゃくしてしまうかもしれません。

飼い主さんの行動の中で、愛猫に不快感を与えて拒絶されてしまう可能性が高いものを4つご紹介します。普段つい愛猫に対してやってしまっている行動がないか、ぜひチェックしてみてくださいね!

猫に嫌がられ拒絶されてしまう飼い主さんの行動

怒っている猫

1.猫の気分が乗らない時にスキンシップをする

飼い主さんとのスキンシップを好む猫でも、いつでも構ってほしいと思っているわけではありません。ゆっくりお昼寝をしたい時や、一人遊びに夢中になっている時に構うと、愛猫に「邪魔しないで!」と拒絶されてしまうかもしれないので気をつけてください。

うとうと微睡んでいる時にいきなり撫でるのも、びっくりさせてしまうのでよくありません。猫は自分の気が向いた時には甘えさせてほしいけれど、気分が乗らない時はそっとしておいてほしいというマイペースさの持ち主です。愛猫とのスキンシップは、猫の気分とタイミングを窺って行いましょう。

2.猫が嫌がるところを触る

愛猫とのスキンシップで注意したいのは、猫の体には触られて嬉しいところと嫌なところがあるという点です。顔周りや背中などは撫でられるのを好む猫が多いので、愛猫の撫でられたいポイントがわからないうちは、このあたりを撫でて様子を見るのがおすすめです。

逆にお腹や肉球は触られると嫌がる猫が多いので、愛猫との絆を育む初期段階では触らないほうがよいでしょう。もちろん撫でられて嬉しいところと嫌なところには個体差があるので、撫でながら反応を観察して愛猫が好むスキンシップを理解していけるとよいですね。

もしもスキンシップの途中で「そこはやめて」と愛猫に拒絶されたら、しつこく同じ場所を触るのは絶対にやめてくださいね!しつこい人は猫に嫌われてしまうそうなので気をつけましょう。

3.無理矢理抱っこする

猫は基本的に、自由に身動きができない状態になることが苦手です。慣れないうちは抱っこを嫌がって逃げようとする猫も少なくありません。無理矢理抱っこをすると愛猫を怖がらせてしまうので、抱っこしようとした時に愛猫が拒絶する素振りを見せたらすぐにやめてあげましょう。

はじめは飼い主さんが床に座って低い位置で抱っこをするなど、少しずつ抱っこの練習をしてみてください。抱っこは怖いものではないとわかってもらうことが大切なので、焦らず時間をかけて慣れてもらいましょう。

また抱っこが苦手ではない猫でも、その時の気分次第では抱っこを拒絶することもあります。抱っこを拒絶する愛猫を強引に抱き上げると、暴れて落ちてしまうかもしれないので危険です。愛猫が怖がっている時はもちろん、嫌がっている時に無理に抱っこをするのはNGと考えてくださいね。

4.追いかける

抱っこしようとして逃げられた時やイタズラをされた時に、愛猫を追いかけるのはやめましょう。追いかけ回すと愛猫に怖い相手だと認識されて、嫌われてしまうリスクがあります。飼い主さんがしようとしたことを愛猫が嫌がって逃げる場合は、構わずにそっとしておくのが1番です。

イタズラを叱る場合も、逃げる愛猫を追いかけてまで厳しく叱りつけるのはNGです。逃げる時点で自分が悪いことをしたと愛猫は理解できているので、怖がらせるような厳しいしつけをする必要はありません。猫はとてもデリケートな心の持ち主なので、怖い思いをさせないことが信頼関係を壊さないコツです。

まとめ

飼い主さんの手を齧る猫

猫の飼い主さんは、マイペースでデリケートな猫の性質に配慮した接し方を心がける必要があります。愛猫が拒絶したくなるような行動を無自覚に繰り返して、いつの間にか嫌われてしまうということがないように気をつけたいですね。

とはいえ毎日一緒にいると、うっかり愛猫の嫌がるところを撫でてしまうなどのミスはあるものです。飼い主さんが愛猫に拒絶される行動をしてしまった場合は、後から愛猫が満足するまで一緒に遊んであげたり、「さっきはごめんね」と謝って少しだけおやつをサービスしてあげたりして仲直りすれば大丈夫です!

怒らせてしまった直後になだめようとしつこく構うと、余計に機嫌が悪くなってしまうケースもあります。仲直りのタイミングも、愛猫のご機嫌を窺うと許してもらいやすいですよ♪

スポンサーリンク