猫が『触ろうとすると逃げる』理由3選 逃げないようにする方法を徹底解説!

猫が『触ろうとすると逃げる』理由3選 逃げないようにする方法を徹底解説!

猫を触ろうと手を伸ばしたら逃げられてしまった…もしかしたら、嫌われている?ちょっとショックですよね。でも、猫が逃げるのには理由があるようですよ。その理由がわかれば、触らせてくれるかも?!

19671view

1.撫でられたい気分ではなかった

歩きながら一点を見つめる猫

猫はマイペースで気分屋なので、自分の気持ちが向かなければ撫でられるのを嫌がります。逃げられてしまったということは、猫はひとりで気ままに過ごしたかったのかもしれません。

猫は自分のペースを大事にしているだけなので、決して飼い主を嫌いになったわけではありません。甘えたくなったら、自分から寄ってくるはずです。

そんな猫の行動に、最初は戸惑ってしまうかもしれませんが、猫とはそういう生き物と理解して、飼い主の方で猫に合わせてあげましょう。

2.においが嫌だった

人の指のにおいをかぐ猫

猫には苦手なにおいがあります。特に柑橘系の香りやタバコの煙は苦手です。

他にはハーブや香辛料のにおいも嫌がることがあります。香水をつけていたり、服にタバコのにおいがしみついていると、近づいた途端逃げられてしまうことも。強い柔軟剤の香りにも気をつけたいところです。

アロマなどは、においを嫌うだけでなく、猫の健康に悪影響を与えるものもあるので、注意しましょう。猫と仲良くなりたいなら、できるだけにおいを身につけないことです。

3.動作が怖かった

驚いた表情の猫

猫に近づく時に、大きな動作で触ろうとしていませんか。猫は、急に近づいたり、手を振り上げたりすると、猫は恐怖を覚えて逃げてしまいます。大きな音も苦手なので、大声を出しながら近づくのも嫌がります。

また、猫が男性よりも女性になつきやすいのは、男性の太くて低い声が猫を怖がらせてしまうからだとか。男性の声は、唸り声に聞こえるので、警戒されてしまうのです。

猫に近づく時は、姿勢を低くし、ゆったりとした動作で、少し高めのトーンで話しかけるよう心掛けてみて下さいね。

猫に逃げられないようにするには?

猫を撫でる男の子

まず、猫のペースに合わせることです。猫が撫でられたい気分になっていなければ、触らせてくれないだけでなく、怒らせてしまうことになります。

猫とスキンシップをとりたい時は、猫の方から寄ってくるのを待ちましょう。マイペースな猫は、甘えたい時には自分から寄ってくるものだからです。

お迎えしてまだ間もない場合は、新しい環境や飼い主に慣れていないのかもしれません。その場合は、無理に撫でようとせず、少しずつ慣れてくれるのを待ちましょう。愛情を持って毎日お世話をきちんとしていれば、次第に心を開いてくれるはずです。

まとめ

人の手を避ける猫

猫の習性が理解できれば、猫のタイミングに合わせてあげることができますね。猫に合わせてあげることで、猫との距離を縮めることができるでしょう。

ただし、せっかく猫に触ることができても、猫が嫌がる触り方をしていたら猫の機嫌を損ねてしまうこともあります。

猫に触れる時は、お腹や足、尻尾など猫が嫌がる部分には触らないようにしましょう。猫を撫でる時は、背骨に沿って優しく撫でてあげて下さいね。

スポンサーリンク