猫への『話しかけ』で心掛けておきたい4つのこと

猫への『話しかけ』で心掛けておきたい4つのこと

猫に人間の言葉は伝わらないと分かっていても、ついつい話しかけてしまう飼い主さんは多いはずです。実はそんな猫への話しかけにおいて大切にしなければいけないポイントがあります。

41481view

1.明るく優しめに話す

女性と猫

猫に話しかけるときは、明るく優しく話しかけましょう。大声で不機嫌そうに怒鳴る行為は猫に威圧感を与え怖がらせてしまいます。猫は聴力が優れているため声色から飼い主さんの機嫌を察しているかもしれません。

また、猫は低い声よりも高いトーンの声を好む傾向にあります。猫に話しかけるときは、いわゆる猫なで声を意識して話しかけるといいかもしれません。

2.愛情をこめる

猫を抱く男性

猫に話しかけるとき、愛情を込めることも大切です。猫への愛情を意識することで自然に話し方が穏やかになり、猫に安心感を与えられます。

また普段から愛情を込めて話しかけると、猫へのお世話にも愛情が反映されやすくなり、より猫から信頼されるようになります。

3.姿勢を低くする

猫を撫でる女性

猫と話しかけるときは、なるべく姿勢を低くし、目線の高さを猫に合わせた方が好ましいです。立ったまま見降ろされる状態で話しかけられると猫によっては恐怖を感じてしまう場合があります。人間同士の場合も自分よりも体格が大きい人物に見下ろされると委縮してしまいますよね。

同じように猫も自分より大きな相手が覆いかぶさるように話しかけてくると怖くてネガティブな感情を抱いてしまいます。

猫に話しかけるときは、しゃがみこんで視線を下げてあげると余計なプレッシャーを与えずに済みます。

4.視線を合わせない

なでられる猫

人間同士では視線を合わせることは好意の表れになりますが、猫にとっては威嚇のサインです。そのため、猫と目が合うと、すぐにプイっと視線をそらされることが多いです。

猫に話しかけるときは、なるべく視線を合わせないように注意し、仮に目が合ってもゆっくりまばたきしながら、そらしてあげましょう。

まとめ

猫と女性

猫は言葉によるコミュニケーションができない代わりに飼い主さんの話しかけ方など仕草から気持ちを察します。

また人間とは仕草の意味が異なる場合もあります。今回の解説を参考に、より猫に優しい話しかけ方を意識してみてください。

スポンサーリンク