猫が「コロンッ」と寝転がる時の気持ち4選♪

猫が「コロンッ」と寝転がる時の気持ち4選♪

猫が寝転がっている姿、通称ヘソ天は何度見ても飽きない可愛さですよね。実は猫が寝転がっているとき、いくつか気持ちのパターンがあります。今回は猫が可愛らしく転がっているとき一体どんな気持ちなのかを解説していきます。

2754view

1.リラックス

リラックスしている猫

猫は穏やかでのんびりとした時間に床に寝転がることが多いです。この時の猫は安心を感じてリラックスした状態となり、中にはお腹を見せながらスヤスヤうたた寝してしまう子もいます。

リラックスしているときに、迂闊に触ってしまうと猫はビックリしてストレスを与えてしまうこともあるため、飼い主さんは少し離れたところからリラックスしている猫を愛でてあげてください。

2.かまってほしい

かまってほしそうな猫

猫が寝転びながら、くねくねと体をねじる、ちょいちょいと前足を伸ばしてきたときはかまってほしいアピールの可能性が高いです。飼い主さんに遊んでもらいたい、撫でてほしいと訴えているのかもしれません。

信頼しきっている飼い主さんには、ついつい甘えん坊になってしまう猫も多いです。猫がかまってほしいアピールしていそうなときは、ほんの少しだけでも作業を中断して、遊んであげるなど気を向けてあげてください。

3.信頼のサイン

飼い主を信頼している猫

猫に限らず動物にとって腹部は内臓に近いデリケートな部分です。触られることはもちろん、見せることも嫌がるケースは珍しくありません。そんなお腹を見せてくれる猫のヘソ天は飼い主さんのことを信頼しているという猫なりのサインであるとされています。

注意点として、信頼されているからといって無闇に猫の腹部を触るのは避けましょう。信じていても触られることを嫌がる子はおり、場合によっては飼い主さんの前でお腹を見せてくれなくなるかもしれません。猫の信頼を裏切らないよう、ヘソ天しているお腹には触らず、目で見て楽しんでください。

4.発情期

横になっている猫

メス猫は発情期の春になると独特な行動をします。その中のひとつに体を床に擦りつける行為があり、避妊手術していないメス猫、春先に見かけた外猫がやたらと床や地面に体を擦りつけているときは発情期の影響である可能性が高いといえます。

その一方で避妊手術をした場合は、こうした発情期に見られる行動は控えめとなります。

まとめ

寝転がっている猫

今回は猫が寝転がる理由と気持ちについて解説しました。難しい点として猫が寝転がってお腹を見せているときは、撫でてほしいと思っているケースもあれば、そうでないときもあります。

いきなり触るのではなく、手を近づけても嫌がらないか猫の様子を見ながら、かまってあげるようにしてください。

スポンサーリンク