猫への接し方『迷惑行為』になってない?気付かずにしてしまっているNG行為4つ

猫への接し方『迷惑行為』になってない?気付かずにしてしまっているNG行為4つ

飼い主はよかれと思ってのことも猫にとっては実は逆だった、などということがしばしばあります。猫のことをよく知らないと、知らず知らずのうちに猫が迷惑と感じることをしてしまうかもしれません。では、どのような行為が猫にとってはNGなのでしょうか?

8523view

1.しつこく構う

猫の頭を撫でる人の手

猫は飼い主と遊ぶのが大好きです。飼い主とのスキンシップも大事です。だからといっていつでも構うのは、猫にとっては迷惑かもしれません。

猫には猫のペースがあります。ひとりになりたい時や、構われたくない時があります。飼い主は、猫が遊んで欲しい時、撫でて欲しい時に構ってあげるのがベストなのです。

猫は、甘えたくなると自分から飼い主に寄ってきます。鳴いたりスリスリしたり、行動でアピールすることが多いので、猫のサインに気づいてあげて下さいね。

ただし、猫から近づいてきたとしても、しつこく構うのはNG。長時間構っているとイライラさせてしまうので気を付けましょう。

2.大きな声で叱る

倒れた植木鉢と見上げる猫

猫にもしつけをすることは可能ですが、イタズラをした際に大声を出して叱ってはいけません。猫に怖い思いをさせてしまうだけなので、いけないことだと覚えないばかりか、飼い主との信頼関係にヒビが入ってしまう可能性があります。

猫のイタズラは、猫が持つ習性からのことがほとんどです。猫の習性を飼い主が理解し、事前に対策をしておくのがベストです。

3.お気に入りのものを取り替える

ブランケットを敷いた籠の中からこちらを見る猫

猫が大好きなおもちゃやベッド、ブランケットなど。お気に入りで毎日使っていれば、汚れたり傷みますね。そこで、飼い主としては新しいものに替えてあげようと思うわけですが、それは猫から見たら迷惑行為なのです。

猫は、自分のにおいがついたものが安心できるので、突然新しいものに変わってしまうと戸惑いを覚えます。猫用品を新調する場合は、猫に新しいものを少しずつ慣れさせましょう。古いものは、執着がなくなってから処分するようにして下さいね。

4.おやつの与え過ぎ

人の指からおやつを取ろうとする猫

おやつをあげれば、猫は喜びます。だから、ついつい、あげたくなっちゃうんですよね。でも、おやつの食べ過ぎはカロリーオーバーで肥満になってしまうので気を付けましょう。肥満は病気のリスクを高めます。

猫が欲しがるたびにおやつを与えるのもやめて下さいね。飼い主がいつでも言いなりになっていると、欲しがればもらえると覚えてしまいます。夜間や明け方など、時間構わずおやつをおねだりするようになり、困ったことに。

ダメな時は要求に応えず、ねだってももらえないこともあるんだと学習してもらいましょう。

まとめ

ソファから顔を覗かせてこちらを見る猫

人間の考えだけで猫と接していると、猫の習性に合わない行為をしてしまうかも知れません。

猫に安心して暮らしてもらうためには、猫のことを知って理解することが大切です。そうすることで、お互いの絆も深まることでしょう。

スポンサーリンク