猫の最強『撫でポイント』4選♡良いタイミングと撫で方のコツ

猫の最強『撫でポイント』4選♡良いタイミングと撫で方のコツ

猫とのスキンシップでは、愛猫が喜ぶポイントを理解して撫でることが大切です。一般的に猫が撫でられると嬉しいポイントや部位ごとの撫で方のコツ、おすすめのタイミングを解説します。愛猫ともっと仲良くなるために参考にしていただければ幸いです。

1569view

猫が撫でられて喜ぶポイント

顎を撫でられる猫

愛猫を撫でるのは、絆を深めるコミュニケーションの基本です。注意したいのは、猫は撫でられて嬉しいと感じるところもあれば、触られるのを苦手とするところもあるという点です。愛猫にスキンシップを好きになってもらうためにも、猫が撫でられると喜ぶポイントを押さえておきましょう!一般的に猫が撫でられるのを好む体の部位と、それぞれの部位の撫で方のコツを解説します。

1.顔周りや頭

眉間や口の周り、顎、耳の付け根、後頭部を指先で優しく撫でると喜ぶ猫が多いようです。顔周りの筋肉をほぐすマッサージをするつもりで撫でてみましょう。ただし顔周りを触られるのを嫌がる猫も少なくないので、愛猫が喜んでいるか嫌がっているか様子を見て判断してください。

2.首や肩

猫も人と同じように首や肩はこりやすい部分です。こりをほぐすつもりで撫でると、気持ち良いと感じてもらえるでしょう。首筋から背骨にかけて指で揉むようにすると、首の疲れが取れやすいので試してみてください。

人間はある程度の力を入れて肩もみをしてもらった方が気持ち良いですが、猫の首や肩を強い力で揉むのはNGです。体のどの部位を撫でる時も、力加減は優しめを意識しましょう。

3.背中

背中はスキンシップに不慣れな猫にでも、撫でさせてもらいやすい部分です。多くの猫が撫でられるのを好むので、飼い始めたばかりの猫と距離を縮めたい時は、まず背中から撫でてみるのがおすすめですよ。手のひら全体を使って、毛並みに沿って上から下へとゆっくり撫でてあげましょう。

注意したいのは、お腹を触られるのは苦手という猫が多いという点です。背中を撫でているうちにうっかり横腹まで撫でてしまうと、愛猫に怒られるかもしれません。もちろんお腹を撫でられるのが好きな子の場合はお腹も撫でてあげて大丈夫ですが、愛猫が撫でられると嫌なポイントがわからないうちはお腹を撫でるのは避けたほうがよいでしょう

4.腰

しっぽの付け根あたりを撫でられるのを好む猫も多いです。また一定のリズムでポンポンと軽く腰を叩くと喜ぶ子もいます。ポンポン叩いた時に愛猫が腰を高く持ち上げたら、喜んでいると思ってください。猫が腰やしっぽを下げたら「もうやめて」というサインなので、しつこく叩き続けないようにしましょう。もちろん強く叩くのもNGです。

猫とのスキンシップはタイミングが大事!

飼い主さんに甘えて眠る猫

気分屋な猫は、いつでもスキンシップを歓迎してくれるというわけではありません。飼い主さんが撫でようとした時に愛猫の機嫌が悪いと、「今は触らにゃいで!」と拒絶されてしまうことも…。愛猫の機嫌が良い時や飼い主さんに甘えたい気分の時が、撫でるのには絶好のタイミングです!

猫は機嫌が良い時はしっぽがピンと立っています。愛猫がご機嫌かどうか、しっぽを見て確かめましょう。また甘えたい時には自分から飼い主さんに近寄って来て、じーっと見つめたり体を擦りつけたりして構ってほしいことをアピールします。このタイミングで撫でると喜んでくれるはずです。

横になってリラックスしている時もスキンシップのチャンスです。ただし、うとうとと微睡んでいる時に突然触ると愛猫を驚かせてしまうので、まずは優しく声をかけて撫でてもよさそうか様子を窺ってください。愛猫との信頼関係を深めるために、愛猫のタイミングに合わせたスキンシップを心がけましょう。

まとめ

顔を撫でられて喜ぶ猫

飼い主さんにとって、可愛い愛猫を撫でるのはとても癒される時間ですよね。撫でられて嬉しいところとタイミングを押さえて撫でてあげられたら、愛猫もスキンシップがもっと好きになってくれることでしょう。

多くの猫が撫でられるのを好む場所を触られるのを苦手とする猫もいれば、意外な場所を撫でられるのが好きという猫もいます。スキンシップをとりながら、愛猫のお気に入りのポイントと苦手なポイントを探っていきましょう!

スポンサーリンク