猫の寿命を縮めてしまう『間違った歯磨きの仕方』3選!知っておきたい正しいケア方法

猫の寿命を縮めてしまう『間違った歯磨きの仕方』3選!知っておきたい正しいケア方法

『猫は虫歯にならない』と言います。しかし、キャットフードを食べている現代の猫は、歯周病のリスクを抱えているのです。歯周病を防ぐためには、歯磨きが重要ですが、間違った磨き方をしていると猫の寿命を縮めてしまうことに?!どんな歯磨きの仕方には注意が必要なのでしょうか?

350view

SupervisorImage

記事の監修

大阪府立大学生命環境科学部獣医学科卒業。その後、約10年に渡り臨床獣医師として動物病院に勤務。予防医療、行動学、老犬の介護問題に興味を持っています。正しい知識と情報を多くの方に伝えたいという思いからWEBライターとして動物関係の記事を執筆しています。

1.力を入れて磨く

歯ブラシを抱えている猫

より汚れを落としたいからと、力を入れて強く磨いてはいけません。力が入り過ぎると、歯茎を傷つけたり出血することがあります。口の中の傷は、口内炎の原因にもなりますので注意が必要です。

猫が口内炎になるとなかなか厄介なもので、広範囲に広がってしまうことが多く、痛みが強くなるとごはんが食べられなくなってしまいます。歯磨きの際は、口の中を傷つけないよう十分気を付けましょう。

2.人間用の歯磨き粉を使う

コップに入った歯ブラシ、歯磨き粉と子猫

歯ブラシだけでは物足りないからと、人間用の歯磨き粉を使うことは絶対にやめて下さい。人間用の歯磨き粉にはキシリトールという成分が含まれていることが多く、これは猫には害になる危険性があるからです。

歯磨き粉を使いたい場合は、猫用の歯磨き粉を使用しましょう。

3.無理に歯磨きをする

指サックタイプの歯ブラシで猫に歯磨きをする人

猫の歯周病を予防するために歯磨きは重要です。しかし、猫が嫌がっているのに押さえつけてまで歯磨きをする必要はありません。歯磨きをするたびに猫がストレスを抱えてしまいます。猫はストレスに弱く、ストレスをためてしまうと、体調不良につながります。

成猫になってから歯磨きを始めようと思っても、なかなか慣れてくれないことが多いもの。どうしても、歯磨きができない場合は、歯磨きシートなどを使用しましょう。歯ブラシと比較すると歯磨き効果は劣るものの、ある程度歯をきれいにすることができます。歯磨きシートに慣れてきたら、歯ブラシに替えてもいいかも知れません。

歯磨きシートも嫌がってしまう時は、歯磨き効果のあるおやつやおもちゃを与えてもいいでしょう。

猫に歯磨きは必要?

歯ブラシに手をかける子猫

猫の口の中はアルカリ性のため、虫歯になることはほとんどないと言われています。しかし、狩りをして獲物を嚙み切っていた頃とは違い、現代の猫はキャットフードを食べているため口の中が汚れやすくなっているのです。汚れがたまると、歯周病のリスクが高まります。歯周病を防ぐために重要なのが歯磨きです。

口の中を清潔に保つことは、様々な病気の発症リスクを低減させる効果もあります。子猫の頃から、口に触れることから始めて、歯磨きに慣れさせておきましょう。

まとめ

歯ブラシをくわえている猫

猫の健康維持に大切な歯磨き。しかし、間違った歯磨きをしていると、寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。猫の歯磨きは正しい方法で、きちんと行いましょう。

とはいえ、歯磨きが苦手な猫は多いです。時間はかかりますが、焦らずに少しずつ慣れてもらいましょう。スキンシップの一環として、楽しみながらできるといいですね。

スポンサーリンク