愛猫と『相思相愛』に!2つの秘訣と愛されているサイン♡

愛猫と『相思相愛』に!2つの秘訣と愛されているサイン♡

猫から愛されているのか、確認をしたくなる時がありますよね。この度は、愛されるためのチェックポイントと猫からのメッセージを確認しておきましょう。

10220view

1.猫のペースに任せること!

女性の側に座る猫

人間から猫へ、アクションを起こし過ぎない事が大切です。

猫のペースに任せると猫から興味を持たれやすくなります。猫は遊びたい時、撫でてほしい時、構ってほしい時に人間のそばへ寄って意思表示をします。そのタイミングを逃さずに相手をすることで、猫からは「できる人ニャ〜」と思われ愛されるようになります。

2.愛情の表現は千差万別と理解する!

男性に抱かれるシャム猫

猫と人間の組み合わせと同じ数だけ、愛の数があります。

一般的なサインを見せてくれないから愛されていないと勘違いをしないでくださいね。猫も人間も組み合わせによって愛の表現方法が違います。一緒に住んでいる人間だけに分かる、愛しているサインを出していることが多いのです。

いつも側にいる♡

パソコンをする人の側にいる猫

気がつくと愛猫が側にいる、という場合は愛されていると思って間違いがないでしょう。

猫も人間と一緒で、嫌な人の側へは近づいてきません、そして人間から見える場所に陣取ることもありません。特に手の届く範囲にいる場合は、愛猫から(守らなくてはっ!)と思われているかもしれません。

鳴きながら身体に触れる♡

寝ながら手を触ってくる猫

ウニャウニャ言いながら、手や足に触れてくる場合も愛猫から愛されているサインです。

要求のある時に、声を使って人間へアピールすることが多いでしょう。しかし、猫は愛情がなければ身体に触れてまで要求をしません。猫から信頼され、わがままを言える存在として認定されているのでしょう!

尻尾を垂直に立てて近づいてくる♡

女性スリスリする尻尾の立った猫

甘えたい猫が、尻尾をピーンと立てて近づいてくる時は親猫のように愛されています。

親猫からお尻を舐めてもらい排泄を行なっていた、子猫時代の名残の仕草です。親が舐めやすいよう垂直に尻尾を上げて肛門を見せるのです。そのような姿で近づいてくる時の猫は愛がたっぷりと溢れて幸せに満ちているでしょう。

まとめ

子どもと一緒の猫

愛猫と『相思相愛』に!2つの秘訣と愛されているサイン♡についてお伝えいたしました。

皆様の愛猫は、どのようなサインを見せてくれますか?どの猫たちも、一緒に暮らす人間へ大きな愛情を持っていることでしょう。

これからも、猫たちからの愛に精一杯応えていきたいですね!

スポンサーリンク