猫の『機嫌が良い』時の仕草4選♪撫でたりしても大丈夫?

猫の『機嫌が良い』時の仕草4選♪撫でたりしても大丈夫?

猫と楽しく触れ合いをする場合は、猫がご機嫌な時に喜んでもらえるように行いたいですよね。まずは、猫のご機嫌な様子を知ることが大切です。それでは見てみましょう。

12559view

1.お腹を見せている

お腹を出してゴロンとしている猫

ご機嫌な猫たちは、横座りをしてお腹を出していることが多いです。

足は床に付けておらず、身体全体を緩めてリラックして伸びています。急所であるお腹を見せているため、警戒心はほぼありません。

出ているお腹を思わずモフモフしてしまいそうですが、無神経に撫でようとすると攻撃をされます。撫でる場合は、お腹ではなく顔周辺にしてくださいね。

2.ゴロゴロ音が聞こえてくる

気持ちよく寝ている猫

気持ちよさそうなゴロゴロという音が聞こえてきた時は、ご機嫌が良い証拠です。

特に、側に来てゴロゴロ言ってる場合は撫でてほしいと思っています。思い切りスキンシップをしてあげましょう。ゴロゴロ音が最大に達した直後、猫はプイッと立ち上がって去っていくかもしれません。終わりの時間ですから気にしないでくださいね。

身体が縮こまり低めにゴロゴロ言っている時は、体調が悪く自分で回復を促している可能性があります。様子がおかしい時は、すぐに病院を受診してくださいね。

3.側に来てスリスリ〜

女性にスリスリする猫

身体の一部へスリスリしてきた時は、猫のご機嫌が良い時でしょう。

猫はコミュニケーションを取ろうと人間の側へきているので、しゃべりかけながら撫でてあげましょう。猫のスリスリには「あなたは自分のもの」というアピールが含まれています。たくさん、愛猫の匂いをつけてもらいましょう。

4.尻尾を垂直に立てている

カップルの間にいる猫

人間を親猫のように思っている猫が、甘えたい時にするご機嫌の良い仕草です。

とにかく構ってもらいたいためにスキンシップを求めている猫の行動です。尻尾の付け根辺りを中心に、思う存分撫でてあげましょう。気持ちよくて、そのまましゃがみ込んで寝てしまう可能性もあります。

まとめ

頭を撫でられている猫

猫の『機嫌が良い』時の仕草4選♪撫でたりしても大丈夫?についてお伝えいたしました。

猫のご機嫌なシーンはとても多いですよね。人間よりも不機嫌な状態が少ないとも感じます。しかし、猫のご機嫌な時間は長く続きません。程々でスキンシップを終わらせて、猫から嫌がられないようにしてくださいね。

スポンサーリンク