猫の『可愛いすぎる仕草』ランキングTOP5!どれもこれも癒される♡

猫の『可愛いすぎる仕草』ランキングTOP5!どれもこれも癒される♡

猫は不思議な動物です。どんなポーズも格好よく絵になるだけでなく、どんな仕草も可愛いのです。あまりに可愛く決まりすぎてときに「猫はあざとい」といわれるほど!そんな魅惑的な猫に心を持って行かれた飼い主さんたちに、猫の可愛すぎる仕草を聞いてみました。

1174view

愛猫の可愛すぎる仕草TOP5

腕の中ですりすりする猫

1位「体をこすり付けてくる」

可愛すぎる仕草のナンバー1は「体をこすり付けてくる」でした。これは頭や肩などをこすり付け、甘えたり会えた喜びを表わしたりする行為。おとなしい子はそっと寄りかかったりしっぽを絡めてきたりと控えめですが、それもなかなかいいものです。

猫はクールなイメージがあるだけに、そんな仕草は飼い主心をくすぐりますよね。特に帰宅時の熱烈なすりすりは、疲れが吹き飛ぶ可愛さです。

2位「一緒に寝たがる」

女性と一緒に寝る長毛猫

2位は「一緒に寝たがること」。夜になると「ベッドに行くよ!?」と誘ったり、昼寝をしているといつの間にか足や腕の間にはさまってたり。猫たちはごく当たり前の顔をして、飼い主さんと一緒に寝ようとします。

布団に潜る子や上に乗る子、足や腕の間が好きな子や顔をくっつけるのが好きな子など、寝方の流儀は猫それぞれ。しかし頼りにしてくるそのいじらしさが、とにかく可愛くてならないのです。

3位「寝姿(ヘソ天)」

無邪気な顔で寝るスコティッシュ

3位は「寝姿」。猫の寝姿はどれもこれも可愛いですが、特に人気なのが「ヘソ天」でした。人気の秘密はその豪快な大の字ポーズと「猫としてそれでいいの?」と聞きたくなるほどの無防備さです。

ちなみにヘソ天は暑い時期の風物詩ですが、ヘソ天の次に可愛い寝姿は寒い時期の「ニャンモナイト(丸くなって寝る)」でした。

4位「ふみふみ」

真剣に毛布をフミフミする茶トラ

4位の「ふみふみ(両前肢で交互にもむ動作)」は、もともと授乳期の子猫が母猫のお乳の出をよくするための行為です。そして成長してもふみふみするのは、親離れが早過ぎた猫に多いといわれます。

そう聞くと可哀想になってきますが、眠くなると毛布や飼い主さんの腕をもむ姿は、まさに子猫に返ったつもり!それだけ安心し、甘えている証拠でもありますね。

5位「鳴き方(ニャー)」

こちらを呼ぶデボンレックスの子猫

元気なニャーに、叱られて悲しいニャー。ニャーも年齢やシチュエーションによってさまざまですが、どれも文句なく可愛いものです。

中でもとびきり可愛いのは「サイレントニャー(音なしのニャー)」かもしれません。滅多にお目にかかれないレアものだけに、いわれたときは天にも昇る心地になるのです。

他にもあるよ!可愛い仕草!

脇に顔を入れ見上げる茶(?)トラ
  • 前肢ちょいちょい
  • 猫パンチや猫キック
  • 新聞や本の上に乗る
  • テレビを見ていると視界をさえぎる

まだまだ他にもありますが、キリがないのでこの辺で。飼い主さんにしてみれば、とにかく何もかもが可愛いくて仕方ないのです。

まとめ

へそ天で眠る子猫

猫の飼い主としてはトイレにしゃがむ姿ですら可愛いのです。しかしいざ「どれか」といわれてTOP5に輝いたのは、やはりスリスリなどの挨拶行動やヘソ天などの安心しきった姿でした。

猫がご機嫌なら、可愛い仕草で人もご機嫌!さらにそれが猫の機嫌を左右して…。そうやっていい気分のキャッチボールがずっと続き、いつまでも可愛い姿を見て行けたら最高ですね。

スポンサーリンク