猫にとって大きなストレスとなる『生活音』4選 飼い主ができる配慮と対処法

猫にとって大きなストレスとなる『生活音』4選 飼い主ができる配慮と対処法

聴覚が優れている猫は人間と音の聞こえ方が異なります。たとえ生活音であっても猫にとっては大きなストレスの原因になります。今回は日常生活の中で猫の負担になりやすい音を4つ紹介します。

1169view

1.大きな物音

驚く猫

聴覚が人間の何倍も優れている猫にとって大きな音はストレスです。うっかり物を落として大きな音が出るだけでビックリしてしまいます。

中でも台所では金属製の調理器具や食器など音が響きやすい物も扱うため注意が必要です。愛猫のためにも飼い主さんはできるだけ物音を立てないことを意識してみてください。

2.怒鳴り声

怒鳴っている女性と猫

猫は物音以外にも飼い主さんの怒鳴り声にも敏感です。怒鳴り声以外にも大声で叫ぶ、暴れる、騒ぐなどで生じる音も同様にストレス源となります。

男性の場合、発する声が猫の嫌がる低い音域となりやすく余計に苦手と感じる子も多いようです。飼い主さんは猫の近くで、なるべく怒鳴り声や叫び声など大きな音を発生させないよう注意されることを推奨します。

3.家電の音

猫と掃除機

家電の音を苦手とする猫は多いです。特にドライヤーや掃除機から発せられるゴゥーという低音で継続的に鳴り続ける家電に対しては強いストレスを感じやすいです。

とはいえ、家電は人間にとって生活のためになくてはならない大事なものです。飼い主さんには、ドライヤーや掃除機を使うタイミングだけ猫を別室に避難させるなどの工夫が求められます。

4.雷や強風の音

雨の日と猫

雷や台風、大雨の日など自然災害で生じる大きな音にも猫はストレスを感じます。特に雷は猫にとってまぶしすぎる雷光が発生し、ドーンと猫が苦手な低い音が響き渡るため怖がりやすいです。

そんなとき猫が身を潜められる隠れ家やダンボールハウスなどがあると猫も安心して過ごせます。飼い主さんも天気が悪い日は猫の近くにいるようにする、窓とカーテンをしっかり閉める、気分転換に遊んであげるなど気を配ってあげてみてください。

まとめ

不機嫌そうな猫

音に対して過敏な猫にとって、人間と暮らす中で聞こえる生活音はときにストレスとなります。完全に音を立てないことは不可能に近いですが、猫に配慮してあげることは可能です。

飼い主さんは猫が音にビックリしやすいという事実を理解し、なるべく大きな音を立てないように意識してあげてください。

スポンサーリンク