猫が飼い主を「怪しい…」と思った時の行動4つ

猫が飼い主を「怪しい…」と思った時の行動4つ

病院へ行く前やシャンプーなどのお世話をする時、なぜか猫にバレて逃げられてしまい、捕まえられないことはありませんか?猫は人間の心音や雰囲気から良からぬ事を感じて、怪しく思っているようです。それでは飼い主を「怪しい…」と思った時の猫の行動を見てみましょう。

583view

1.高いところへ逃げてしまう

高いところから覗く猫

捕まえられない高いところへ逃げて、人間の様子を探ろうとする猫もいます。

元々猫は高いところが好きですが、それは安全だと確信しているからです。特に人間より優位な気持ちを持っている猫が起こしやすい行動のようです。残念ながら、猫が下に降りてくるまでは、我々人間は何もできません!

2.見えないところへ隠れてしまう

隠れている猫

ちょっと神経質で臆病な猫は、不穏な空気を察知した途端にサーっと姿を隠してしまうでしょう。

猫の隠れている場所に行って覗いてみると、手の届きそうな場所に陣取っている事でしょう。しかし、無理に連れ出そうと手を入れると奥へと入ってしまいます。家具を動かさなければならない場所に入ってしまう前に猫の動きを封じてしまいましょう。

しかし、そこはもともと猫が安心できる場所ですので、空間を無くして秘密基地を壊してしまうようなことはしてはいけません。

3.触れようとすると攻撃をしてくる

手を抱えて噛む猫

飼い主を怪しいと感じている猫に触れようとすると、猫パンチや噛みつきなどで抵抗をされます。

猫は敏感なアンテナで空気を読んでいるので、寝ていたり座っていたりしても不穏な空気には即反応をします。一度、怪しいと感じてしまうと猫は用心してリラックスをしてくれません。猫の気持ちが明るくなるような事をしてあげると良いでしょう。

4.おやつやご褒美も無視

陰からこちらを見る猫

普段はおやつや人間との遊びを楽しみにしていますが、何かの前の釣り餌とわかってしまうと乗ってきてくれません。

特に、いつもと違う時間におやつをくれる場合は用心してしまうでしょう。何かご褒美があると、後で嫌なことがあるとインプットしてしまっているかもしれません。「おやつ」「遊ぼう」などの嬉しい言葉に反応しない場合は、警戒されている可能性が大きいでしょう。

まとめ

怪しんでこちらを見る猫

猫が飼い主を「怪しい…」と思った時の行動4つについてお伝えいたしました。

普段はおっとりしている猫たちですが、それは人間が平穏な気持ちでいるからでしょう。猫に自分の行動を悟られないためにも、常に穏やかでいるように心がけることが大切です。

猫に怪しまれないように、普段から我々も心や行動を鍛えて備えましょう!

スポンサーリンク