猫が『狭い場所』に入りたがる2つの理由♡特に人気のある場所はどこ?

猫が『狭い場所』に入りたがる2つの理由♡特に人気のある場所はどこ?

「え〜〜〜っ!」という狭い場所に入り込んでしまうのが猫たちです。なぜ狭い場所に入るのでしょうか、猫の心理を考えてみましょう。

756view

1.安心するニャ〜

段ボールに入る猫

敵から見つかりにくく逃げやすい狭い場所を、猫は安全と思っています!

リラックスするためには敵に襲われないという確信を持たなければなりません。そのため周りからは見えず、問題があったときにすぐ気付いて出ることができる狭い場所を好むのでしょう。

身体がピッタリと触れる壁に触れると、なお安心するそうです。

2.獲物が隠れていそうニャ!

狭いところのネズミを見る猫

猫の狙う小動物や昆虫がいる可能性の高いのが、狭い場所なのです。

狭い場所を見ると、何かがいると妄想をしてしまうのでしょう。まずは入って、中の匂いや潜んでいる可能性のある獲物の動きをチェックしているのかもしれません。嬉しそうに狭い場所に入る猫たちが多いのも頷けますよね!

猫に人気のある狭い場所とは

段ボールに入っている猫

段ボールは大人気

狭い場所と言えば、段ボールではないでしょうか。

猫グッズを注文しても、猫は中身より外身の段ボールを気に入る事が多いですよね。絶対に入れないような狭さの段ボールへ必死に入ろうとする猫の姿を見ると、私たち人間は幸せになります。

狭さだけではなく、触れた時の感覚、紙の保温性、爪がうまい具合に入るなど好きな要素が多い段ボールなのでしょう。

本や書類など紙類の間

本棚の隙間に入っている猫

本棚に出来ている狭い隙間も、大好きな場所ではないでしょうか?

出した本を片付けようとすると猫が入っていたなんてシーンは多くありますよね。凹凸も気にせずにバランスよく入り込んでいる様子を見ると、猫の柔らかさがよくわかります。激しく狭い隙間では、関節の軟らかな身体だけ入れて頭を出している事がよくあります!

洋服や布団など柔らかい所

洋服の上にいる猫

洋服を着ようと思ったら猫の毛だらけだった、ということはよくありますよね?

洋服やタオルなどが入っている所も猫に人気のある場所です。隙間だけではなく、重ねてある洗濯物の間にも割り込もうとします。空間を少しでも見つけると、居ても立ってもいられなくなるのかもしれませんね。

まとめ

棚の隙間にいる猫

猫が『狭い場所』に入りたがる2つの理由♡特に人気のある場所はどこ?についてお伝えいたしました。

猫の心理を見てみると納得ができますよね!人と人との間に入り込む事が好きな猫もいます。近くに寄ってきて欲しいときは、狭い場所も一緒に用意すると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク