猫は飼い主が『マスク姿』でもわかる?気になる4つの見分け方!

猫は飼い主が『マスク姿』でもわかる?気になる4つの見分け方!

飼い主がマスクをつけている時、猫はどんな反応を見せるでしょうか?もし、見た目だけで飼い主を判断しているのなら、びっくりさせてしまうかも知れませんね。猫は飼い主をどうやって見分けているのでしょうか?

1166view

1.匂いで見分ける

人の指の匂いを嗅ぐ猫

猫は鼻がききます。匂いを嗅ぐだけで多くの情報を得ることができるのです。もちろん、飼い主かどうかを判断するのも、鼻を使います。マスクをしていてもいなくても、その人の匂いは変わることはありませんから、猫はすぐに飼い主だと気づくでしょう。

大好きな飼い主の匂いがすれば、猫は安心できるのです。ただし、飼い主が外へ行って知らない匂いをつけてくると警戒することがあります。まして、他の猫の匂いがついていたら、嫉妬してしまうかも知れません。

2.声で聞き分ける

クッションに顎を乗せて何かを見つめている猫

飼い主の声だって、猫はちゃんと聞き分けています。普段、その人が話している声のトーンやテンポも含めて、飼い主かどうかを判断しているようです。

姿が見えない所からでも、呼べば返事をしてくれるのは、大好きな飼い主が呼んでいるのがわかっているからでしょう。そのため、わざと声色や口調を変えると、猫が戸惑うこともあります。

3.足音や動作で判断

首をかしげる白猫

猫は聴覚も優れているので、遠くの足音も聞こえています。そして、それが飼い主かどうかもわかるというのですから、驚きです。

よく、帰宅すると玄関で待っていてくれる猫がいると言いますが、飼い主が近づいてきた足音を聞いて、玄関まで先回りするのだそうですよ。出迎えるのは飼い主だけで、それ以外の人では玄関へ先回りしないことも。ちゃんとわかっているのですね。

また、人はそれぞれその動作にも特徴があります。飼い主の動き方なども判断材料にしているようです。

4.見た目はシルエットや雰囲気で

座ってこちらを見る猫

耳や鼻で判断するのが得意な猫も、実は視力はあまりよくありません。暗闇でものが見えたり、素早い獲物を捕らえることができるので、視力がいいような気がしますが、静止しているものや、動きがゆっくりなものを見るのは苦手なのです。

猫が人間の顔の細かいパーツを見分けるのは難しいでしょう。そのため、マスクをしていても、あまり気にしないと思います。見た目で判断する時は、その人のシルエットや雰囲気を覚えていて、それで飼い主だとわかるようですよ。

まとめ

見上げる猫

顔につけているものを不思議に思うことはあるかも知れませんが、マスクをしているからといって、猫が飼い主をわからなくなることはありません。猫は、人間のように顔かたちで人物を判断するわけではないからです。むしろ、視力はよくないので、嗅覚や聴覚に頼っています。

匂いや音、動作や雰囲気などで、猫は飼い主を総合的に判断しているようです。顔ではっきりわからなくても、ちゃんと認識してくれているなんて、嬉しいですね。

スポンサーリンク