猫が好む『音』5選!呼ぶときに鳴らすといいのは…?

猫が好む『音』5選!呼ぶときに鳴らすといいのは…?

猫は呼んでも簡単には来てくれないことが多いですが、興味を持ちやすい「音」を使うと呼び寄せやすくなります。では、猫が好きな音とはどのようなものなのでしょうか?詳しく解説いたします。

3781view

猫が好きな音5選!!

見つめる猫

猫は耳が良いので音に敏感です。そのため、楽しいことやワクワクすることと特定の音を結びつけることができます。

ではそもそも、猫はどのような音を好むのでしょうか?代表的なものを5つ紹介いたします。

1.袋のカサカサ音

袋を擦ると「カサカサ」という音が鳴りますよね。この音はネズミや小動物などが動く音に似ています。そのため、猫は本能的にワクワクするのです。

2.おもちゃのパタパタ音

猫はおもちゃが発する「パタパタ」という音も好みます。カサカサ音と同様に、狩猟本能が刺激されるからです。

3.缶詰を開ける音

猫缶を食べている猫は、缶詰を開ける音にも反応します。自分のご飯かと思いきや、人間の食事の支度だった際の残念そうな表情がなんともいえないですよね。

カリカリがメインのご家庭では、コーンフレークなどの音にも反応するのではないでしょうか。狩猟本能を残しつつ、家猫としてもしっかり順応している証ですね。

4.飼い主さんの声

いつもお世話をしてくれる飼い主さんの声も大好きです。

「おいで」といっても来てくれないことが多いかもしれませんが、しっぽや耳を動かして返事をしてくれるのは関心が高い印です。

5.猫の声

外の猫は滅多に鳴くことがありませんが、喧嘩や発情中はよく鳴きます。また、母猫が子猫を探す際や子猫が母猫に甘える際も積極的に声を発します。

家猫も、そのような外の猫の声に敏感に反応することがあります。

猫を呼び寄せるのにピッタリなのは?

擦り寄る猫

通院や投薬、お手入れなどで何とか愛猫を呼び寄せたいことがあるでしょう。

ではそのようなとき、有効な音はどれなのでしょうか。気をつけてほしいポイントも一緒に紹介いたします。

猫の鳴き声

「猫が寄ってくる音」という音源が話題になっていますが、人が直接呼ぶよりも興味を持ってくれることが多いでしょう。早く呼び寄せたい時には便利です。

ただし、臆病な性格の猫は他の猫がいると誤解して隠れてしまう可能性があります。更に心配性な猫は、子猫を探してしまうので気をつけたほうが良いでしょう。

狩猟本能をくすぐる音

無難なのは、「袋やおもちゃの音」を立てることです。音声とは異なり、現物があるので嘘っぽくなりません。

とはいえ、日中のんびり過ごしている猫にこれらの音を聞かせても、反応がないことも珍しくありません。逆に夕方以降の活発な時間帯には有効です。

鈴を鳴らす

猫は高い音を好むので、鈴の音にも興味を持ちやすいでしょう。首輪の鈴がストレスになるという見解もありますが、おもちゃの鈴は耳元で鳴り続けるわけではないので大丈夫な猫も多いのです。

ただ、鈴の音とおやつなど良い事と結びつく要素がなければ、猫の興味が続かない可能性があります。

まとめ

ヘッドホンをかける猫

今回は、猫が好む音と呼び寄せたい時に便利な音を紹介いたしました。

普段何気なく聞いている袋の音も、猫は小動物を連想するものなのですね。本能を上手く引き出すことで、猫を呼び寄せたり、コミュニケーションが取れるようになるかもしれません。

猫の鳴き声に関しては、性格によっては不向きな場合がありますが、好印象を示してくれるのであれば呼び寄せる手段としては最適です。一度反応を試してみる価値はあると思います。

スポンサーリンク