猫が飼い主に『本気で怒っている』時の仕草3つ 上手な落ち着かせ方と注意点

猫が飼い主に『本気で怒っている』時の仕草3つ 上手な落ち着かせ方と注意点

猫にも人間のように「怒りの感情」は当然あります。猫はさまざまな怒り方をしますがなかには「本気で怒った時にしか見せない仕草」というのもあるのです。今回はそんな本気で怒っている時の猫の仕草について紹介してまいります。

1455view

こんなときは猫が本気で怒っている!

ムッとした表情の猫

猫にも「本気で怒りたくなる瞬間」はあります。すごく嫌なことをされたり、びっくりする出来事が起きて警戒しながら怒る…といった行動に出る猫は多いです。

そこで今回は猫が本気で怒った時によく見られる仕草にフォーカスを当てて紹介してまいります。

猫が本気で怒っているサインをいち早く察知することができれば、さらに怒りに火を注ぐ前に穏便に解決できる場合もあります。

猫を飼っている人や猫と触れ合うことが好きな人はぜひ本記事を読んで、猫とコミュニケーションをとる際の参考にして頂けたら嬉しいです。

1.威嚇している

威嚇する猫

「シャー」といった鳴き声や「ウー!」といった低いうめき声を出している時はかなり本気で怒っているサインといえます。

「これ以上近づくと攻撃するよ!」「今はイライラしてるからこっち来るな!」といった『猫からの警告』ともいえるので、このような時はできるだけ猫と距離をとって、そっとしておいてあげるのが好ましいです。

場合によっては猫から完全に姿の見えない場所(別の部屋など)に移動をして、猫の怒りが収まるまで隔離状態になるのもよいでしょう。

2.猫パンチや噛み付く等の攻撃をする

猫パンチする猫

猫に近づいた際、猫パンチや噛み付く等といった攻撃をしてきた時も要注意です。うかつに至近距離まで近づいてしまうと、猫に攻撃されて怪我をする恐れもあります。

少しでも攻撃してきた場合や、攻撃する素振りを見せた場合もなるべくすみやかに距離をとり、一旦猫から離れるようにしましょう。

また、何か物に当たることによってストレス解消になるケースもあるので、しつこく攻撃をしてくる場合は一旦噛みつかれたり引っ掻かれたりしても問題ないクッションなどを与えて、じゃれつかせて、気持ちを落ち着けさせるのもひとつの方法です。

3.隠れたり距離をとろうとする

机の下に隠れる猫

怒っている相手に対して猫みずから距離をとろうとしたり、隠れるような場合もかなり機嫌が悪いかもしれません。

近くにいるだけで不安になったり、イライラしてしまうからこそ、あえて距離をとろうとしているのでしょうね。

このような時も無理に猫の近くには行こうとせず、好きな場所に避難させてあげましょう。

まとめ

怒った表情の猫

猫を本気で怒らせてしまった場合は、それ以上さらに怒らせないためにも速やかにその場をあとにして、そっとしておいてあげるのが賢明といえるでしょう。

本気で怒っていたとしても時間が経てば案外ケロッとしていることも多いため、しばらく時間を置くことが気持ちを落ち着かせるポイントです。

スポンサーリンク