「猫は飼いやすい」って本当?そう言われている5つの理由と注意点

「猫は飼いやすい」って本当?そう言われている5つの理由と注意点

ペットが飼いたいと思っても、何を飼えばよいか迷うことがあるかもしれません。猫は比較的飼うのが容易と聞くことがあるけれど、どのようなポイントでそういわれているのか、疑問に思いませんか?その理由を、まとめてみました。

871view

1.お散歩しなくてよい

リラックスする猫

まず第一に、「お散歩をしなくてよい」点が挙げられます。仕事などが忙しいと、外に連れて行く時間が取れないこともあるでしょう。猫は家の中だけでも満たされてくれることが多いため、お散歩に行かなくても大丈夫なのです。

外に出そうと窓などを開けておけば、自ら外出するでしょう。ただそれは非常に危険が伴うことですので、推奨されません。家の中で安全に暮らすのが、猫にとっても幸せといえるでしょう。

2.鳴き声が小さい

鳴く猫

音の気になる集合住宅では、鳴き声が小さいため飼いやすいといわれています。ご近所迷惑にならないかを気にしなくてよいからです。よほど壁が薄ければ、聞こえることもあるかもしれませんが、大抵の場合は問題になることはないでしょう。

ただ気をつけたいのが、不妊手術をしていない場合です。繁殖期になると相手を見つけるために大声で鳴くため、これがご近所迷惑となるケースがあります。

基本的に不妊手術をしている猫であれば、さほど鳴き声が周囲の迷惑になる場合は少ないはず。そこも、飼いやすいポイントなのです。

3.構ってちゃんではない

ほっといて

個体差がありますが、基本的に猫はあまり「構ってちゃん」ではありません。自立している生き物なので、むしろ飼い主さんが構おうとしても「今はほっといて!」などと無視されてしまうことがあるくらいです。

もちろん、それは時と場合によります。いくら自立しているといっても、飼い主さんとの心の交流は必要です。「構って〜」と近寄ってくることはあるでしょう。

そのときに構ってあげれば、基本的には大丈夫。必要以上に構う必要がないため、飼いやすいといわれているのです。

4.留守番上手

お昼寝中

飼うのが容易といわれる理由の一つに、「留守番上手」があります。たとえたった1匹で家にいさせたとしても、ひょうひょうとこなしてしまうでしょう。

元々猫は単独行動をする生き物です。そのため、飼い主さんがいつも側にいなくても、特にストレスは感じないよう。

もちろん、ごく小さな子猫のときは、側にいてあげる必要があるでしょう。ですがある程度大きくなれば、留守番が上手にできます。もし心配な場合は、相性のよい猫をもう1匹迎えるか、ペットカメラを設置するとよいでしょう。

5.食べる量が少ない

食事中の猫

猫はそれほど、ご飯の量を食べません。ということはつまり、食費が安く済むということです。ペットを飼うコストが心配なら、猫を選ぶと安心かもしれません。

もちろんキャットフードには様々な種類がありますので、高級なフードにすれば高額になることはあるでしょう。ですが総じて、猫のご飯代は犬よりかははるかに安い場合が多いようです。その辺りも、飼いやすいといわれている理由でしょう。

まとめ

へそ天の猫

猫はあまり手がかからないといわれることが多いよう。その理由は、ご紹介した通りです。ペットと適度な距離をとりつつ仲良くしたい、という場合には、猫は最適なパートナーかもしれません。

スポンサーリンク