『人懐っこい猫種』4選♡それぞれの性格と特徴を解説!

『人懐っこい猫種』4選♡それぞれの性格と特徴を解説!

ツンデレな猫も魅力的ですが、よりフレンドリーな猫に会ってみたいという方もいらっしゃるでしょう。今回は、人懐っこい猫種を紹介いたします。

14125view

「人懐っこい猫種」とは

ラグドール

猫はクールで素っ気ないイメージがありますが、中には人懐っこい猫もいます。今回は、甘えっ子でよく懐いてくれる猫種を紹介いたします。

1.ラグドール

ブルーの瞳とふわふわした見た目が愛らしいラグドール。抱っこされると、ぬいぐるみのように脱力する子が多いことからこの名がつきました。

あまり激しい遊びは好まず、のんびり過ごすことを好みます。抱っこに関しては嫌がる猫もいますが、よく甘えてくれるので撫でてあげると喜ぶでしょう。

ベンガルのようにアスリート系の猫ではないので、肥満には要注意です。

2.ラガマフィン

ラガマフィンは、ラグドールから派生した猫です。まだまだ珍しい品種ではありますが、とても人懐っこく、飼い主さんと一緒に過ごすことが大好きです。

むしろひとりになることが苦手なので、留守が多いご家庭では工夫が必要になります。常に誰かしら人がいるという環境であれば、最高の癒しになるでしょう。

3.メインクーン

メインクーン

メインクーンは、大型種の中でも最上級に大きくなる猫です。顔が大きくて怖いと感じる方もいらっしゃいますが、性格はとても穏やかです。

性格的な特徴から「ジェントル・ジャイアント」という異名が付けられています。

メインクーンはラグドールとは違い、ハンターとしての素質も兼ね備えています。遊び好きなので、おもちゃを使って距離を縮めていくことがおすすめです。

4.アメリカンショートヘア

アメショの愛称で親しまれているアメリカンショートヘア。独特のマーブル模様の被毛がトレードマークになります。

アメショは物怖じしない性格の猫が多いので、人やその他の動物と、あっという間に仲良くなります。ややぽっちゃり体系になりやすいので、肥満にならないように気をつけてください。

人懐っこい猫の注意点

イタズラする猫

人懐っこい猫の共通点は、甘えっ子・賢い・社交的な性格などが挙げられます。警戒心が強い猫よりも生活を共にしやすそうですが、いくつか気をつけてほしいことがあります。

留守番が苦手な場合がある

自立した性格の猫もいますが、ラガマフィンのように留守番が苦手な猫もいます。日頃から敢えてひとりにする時間を作るようにしましょう。

最低限の留守番ができれば、分離不安症を防ぐことができます。

構ってくれないとイタズラをする

人と打ち解けることが早い賢さが裏目に出てしまうことがあります。それがイタズラです。

あまり構ってもらえないと、飼い主さんが嫌がるイタズラをして気を引こうとすることがあります。

ダメなものはダメとしつける代わりに、1日に1回は遊びに付き合ってあげてください。飼い主さんが遊んでくれると分かれば、自ずとイタズラをしなくなります。

意外な理由で脱走するリスクがある

警戒心が強い猫は、知らない人について行こうとは思いません。むしろ、来客があると隠れてしまうことがほとんどです。

ところが、人懐っこい猫は違います。初対面の人にも自分から接近していくので、宅急便の対応や業者さんの出入りがある際は脱走に気をつけましょう。

まとめ

女性に抱かれて見つめてくる猫

今回は、人懐っこい猫種を紹介いたしました。今回ご紹介した猫種以外に、黒猫や茶トラ猫等も人懐っこい性格です。それぞれ個体差はありますが、ツンデレな猫とは違った魅力を持つ猫達ですので、一緒にまったりしたいという飼い主さんにとって最高のパートナーになってくれるのではないでしょうか。

デレデレ系の猫と暮らす機会が訪れたら、積極的に関わりを持ってあげてください。

スポンサーリンク