猫が『飼い主のために』する行動5つ

猫が『飼い主のために』する行動5つ

ツンデレで自由気ままな行動が魅力的な猫ですが、実は飼い主のためにする行動があるのです。普段の何気ない行動も飼い主を大切に想う気持ちのあらわれかもしれません。

1900view

1.体をスリスリする、喉をゴロゴロ鳴らす

人の顔に顔をつける猫

スリスリしたりゴロゴロ鳴いたりするのは、猫から飼い主へ愛情を伝えるための仕草です。

猫が人に自分の体をこすりつけるのは、大好きな相手に自分のにおいをつけて自分のものだとアピールする意味があります。

また、喉をゴロゴロと鳴らすのは、もともと子猫が母猫とコミュニケーションを取るためのもので、甘えられる人や信頼できる人にする行動です。

2.可愛い仕草をする

仰向けの猫

後ろ足で立ったり、床でくねくね転がったり、猫が可愛らしい仕草を見せてくれることがあります。

猫がそのような行動をしたときに、たまたま飼い主が喜んでくれたことを猫が覚えていたのかもしれません。うれしそうな反応をする飼い主を見ると、猫もうれしくなるのです。

3.毛づくろいの動作をする

人の指をなめる猫

猫が飼い主の手をなめてくれることがあります。

もしかしたら、飼い主の手から知らないにおいがしていたのかもしれません。同じ縄張りで暮らす飼い主から知らないにおいがするのは、猫としては気になってしまいます。体をこすりつけて、自分のにおいで上書きをすることもあります。

猫を撫でているときに手をなめてくれるのは、猫が「毛づくろいをしてくれたお返し」をしてくれているのです。これは飼い主のことを仲間だと思っている証拠です。

お風呂上がりの濡れた髪の毛を猫が毛づくろいしてくれることもあります。猫は水が苦手なので、濡れた飼い主を心配して、なめて乾かしてあげようとしているのです。

4.獲物を獲ってくる

おもちゃをくわえる猫

虫やトカゲなどを捕まえて、飼い主のところに持ってきてくれる猫がいます。「猫のお土産」と呼ばれています。

実は猫は、飼い主のことを「狩りができない子猫」のように思うときがあるのです。自分で捕まえた獲物を「食べていいよ」と飼い主のところに持ってきたり、捕まえた獲物を見せて狩りの仕方を教えていたりします。

飼い主のためにしていることなので、くれぐれも怒らずに一旦受け取り、猫に見つからないようにこっそり片付けましょう。

5.一緒に寝る

寝る人と猫

飼い主とくっついていることで猫が安心して眠れるという理由もあります。しかし、飼い主が喜んでくれることがうれしかったり、飼い主を敵から守るために一緒に寝ていたりする、という理由もあるのです。

また、飼い主のために布団にスペースを空けておいてくれる猫もいます。

まとめ

飼い主の指を舐める猫

猫が飼い主のためにしていることは、意外に多いのかもしれません。

猫が飼い主のためにする行動には、飼い主を大切に想っている行動、飼い主が喜ぶ姿を見たいがためにする行動、飼い主をお世話する行動などがあります。

愛猫がしてくれる愛情深い行動を日々探しながら暮らすと、さらに幸せ度が増してくるのでおすすめです♪

スポンサーリンク