猫の撫でられたい場所『お尻』!3つの理由と撫で方のコツ

猫の撫でられたい場所『お尻』!3つの理由と撫で方のコツ

猫には撫でられてうれしい場所というのがあり、その1つがお尻です。撫でてあげるとうれしそうな表情をしたりお尻を高く上げて撫でるのを催促したりします。なぜ猫はお尻を撫でられるのが好きなのか、その理由と撫で方のコツをご紹介します。

4128view

猫がお尻を撫でられたい理由

しっぽの付け根を撫でられる猫

1.においが出る場所だから

猫のお尻(背中側のしっぽの付け根)にはにおいが出る分泌腺があります。分泌腺がある部分を壁や柱などにこすりつけてマーキングをします。このにおいが出る部分を撫でられると、猫は喜ぶ傾向があり、撫でられたときの刺激が気持ちいいようです。

猫が頬や顎を撫でられると喜ぶのも、この理由と同じように、そこににおいが出る部分があるから、と考えられています。

2.神経が集まっている場所だから

しっぽの付け根は骨盤への神経が集まっています。生殖器につながる神経があり、交尾に似た刺激を感じるため猫が喜ぶと言われています。

特に避妊手術をしていないメス猫は、お尻を撫でられると喜ぶことが多いようです。

3.うれしい気持ちを伝えたいから

猫が甘えているときや構ってもらっているときなど、うれしい気持ちになるとお尻を飼い主さんの方に向けることがあります。

撫でられて気持ちいいお尻を「撫でて」と催促したり、トントンしてほしがるのです。

猫のお尻の撫で方のコツ

撫でられて後ろを向く猫

無理に撫でない

猫のしっぽの付け根は神経が集まっていてデリケートな部分です。撫でられて喜ぶ猫もいますが、嫌がる猫もいるので注意しましょう。

猫が撫でてほしいときに撫でる

猫がお尻を撫でてほしいときは、飼い主さんにお尻を向けていたり、お尻を高く上げていたりします。そのような仕草を猫がしていたら、猫のお尻を撫でてあげましょう。

やさしく撫でる

神経が集まるデリケートな場所なので撫でるときに力が入りすぎると痛がったり、心地よくないと感じたりする猫もいます。

やさしく手のひらや指で撫でたり、トントンと触ってあげましょう。

撫ですぎない

飼い主さんに撫でられると喜ぶ猫は多いですが、長時間撫でられるのが苦手な猫もいます。

お尻を撫でているときにしっぽをまっすぐ立てたり、お尻を高く上げたりしているのは、喜んでいる仕草です。しっぽが下がり、叩きつけるように振っているのは「もう撫でないで」とイライラしているときの仕草です。

猫がイライラのサインを出したらお尻を撫でるのをやめましょう。猫からのサインを無視してお尻を撫でていると、引っかかれたり噛まれたりすることがあります。

まとめ

後ろを向く長毛猫

猫がお尻を撫でられると喜ぶのは、しっぽの付け根ににおいを出す分泌腺があるから、生殖器へ刺激が伝わるから、飼い主さんにうれしい気持ちを表現しているからなどの理由が考えられます。

猫のお尻はデリケートな場所なので優しく撫でることが大切です。猫によってはお尻を撫でられるのが好きだったり、やさしくポンポンと叩いてもらうのが好きだったり好みもあります。

愛猫がどのような撫で方が好きなのかをぜひ探してみましょう。

スポンサーリンク