猫が「一緒にいたい…」と訴えるサイン5選!小さな行動にも意味があるかも

猫が「一緒にいたい…」と訴えるサイン5選!小さな行動にも意味があるかも

「猫はツンデレ」なんて言われるように、気まぐれに行動するのが猫。そんな猫にも飼い主さんと「一緒にいたい」と思うことがあります。飼い主さんは愛猫のサインに気づいてあげたいですよね。猫が「一緒にいたい」と訴えるとき、どのようなサインを見せるのでしょうか?5つのサインをご紹介します。

5701view

1.密着する

抱っこされる猫

猫は元々警戒心が強い動物ですが、信頼している人には体を密着させることがあります。膝の上に乗ったり、布団の中に入ってきたり、顔や体をくっつけて甘えるときは、「一緒にいたい」と訴えているサインです。

飼い主さんの匂いや温もりを感じ、安心できるのでしょうね。

2.邪魔をする

パソコンの前に寝そべる猫

仕事や作業で忙しいときに限って、パソコンのキーボードに乗ってきたり、新聞の上に寝そべり、邪魔をすることがありますよね。猫からしてみると邪魔をしているつもりはないのでしょう。「構って!」「こっちを見て!」という気持ちなのです。

猫が「一緒にいたい」と訴えるサインの1つと言えます。何とも憎めないアピールですよね。

3.あとをついてくる

足元に擦り寄る猫

猫が行く所どこまでもついてくる、中にはお風呂やトレイまでついてくるなんて猫がいるかもしれません。これは「一緒にいたい」と訴えているサインで、大好きな飼い主さんと離れたくない気持ちが強いのでしょう。

猫にとってお世話をしてくれる飼い主さんは母猫のような存在。子猫が母猫のあとをついて回るように、子猫気分で飼い主さんのあとを追いかけるのかもしれませんね。

4.鳴く

鳴いている猫

猫が「ニャー」「ニャーン」と高めの声で鳴いているときは、甘えたい気持ちの表れです。

子猫が母猫に鳴いて訴えるように、飼い主さんに対して鳴いて「一緒にいたい」と訴えているサインなのです。

5.じっと見つめる

見つめる猫

ふと気づくと、背後から猫がじっと見つめていたなんて経験はありませんか?

猫同士でじっと見つめ合うのはケンカの合図。そのため、猫同士では視線を交わしてコミュニケーションをとることはありません。

しかし人間に対しては、おねだりや要求の意味を込めて、見つめることがあります。

その1つが、「一緒にいたい」というサインです。飼い主さんが忙しくて構ってくれないときに、「甘えたい」という気持ちでじっと見つめるのです。

まとめ

前足を差し出す猫

いかがでしたか?言葉を話せない猫は、自分の気持ちを行動で表し、その小さな行動にもきちんと意味があります。

愛猫との絆を深めるためにも、飼い主さんは猫の気持ちを読み取ってあげることが大切です。

猫が「一緒にいたい」と感じているときには、甘えさせてあげたいですよね。そんなときにぜひ参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク