猫の『飼い主にしか』見せない行動5選!信頼している証拠かも

猫の『飼い主にしか』見せない行動5選!信頼している証拠かも

猫の飼い主さんが猫に夢中になるのは、飼い主さんにしか見せてくれない姿があるからです。今回は、信頼の証といえる行動について紹介いたします。

9235view

飼い主限定!?信頼しているサイン5つ

甘える猫

猫は元々、警戒心が強い動物です。単独で生活していることもあり、積極的に自分をさらけ出すタイプではありません。ところが、本当に心を許した相手にのみ特別な一面を見せてくれます。

今回は飼い主にしか見せない行動を5つ紹介いたします。

1.顔を撫でさせてくれる

猫の顔には大切なパーツがたくさんあります。強い信頼関係が築けている相手には、顎や耳の後ろだけではなく、顔全体を撫でさせてくれます。

2.お尻を向ける

「相手にお尻を向けるなんて失礼ね」と思うかもしれませんが、これも信頼の証です。背後を取られても大丈夫だと安心して心を許してくれています。

シチュエーション的に、素性の知れない相手にはできない行動です。そのため「飼い主さん限定」といえるでしょう。

3.顔の近くで眠る

顔の近くで眠る猫

一緒に寝てくれる猫は案外多いものですが、中でも顔の近くで眠る猫は飼い主さんに強い信頼を寄せています。先ほどお尻を向けるという話が出てきましたが、就寝中も顔にお尻を向けてくることがあります。これも信頼の証です。

就寝中は無防備になるため、やはり飼い主さんや、飼い主さんと同様に信頼できる人限定になります。

4.お腹を見せて寝転がる

室内で愛猫とすれ違った際に、ゴロンとお腹を見せて寝転がってくれることはありませんか?これは「遊ぼうよ」のサインなのですが、かなり相手を信用していなければできない行動です。

なぜなら、腹部は急所だからです。大切な臓器が詰まっているので、滅多なことでは見せびらかすことがありません。これも恐らく飼い主さん限定でしょう。

ただし、遊んであげるとしてもおなかを直接撫でるのは控えましょう。顎を撫でたり、お気に入りのおもちゃを使って遊んであげてください。

5.仕事の邪魔をする

最後はちょっぴり迷惑な行動です。在宅で仕事をしているときや、家事の途中で愛猫に邪魔をされることはありませんか?

これは嫉妬による行動で、大好きだからこそやってしまうのです。

「誰にも取られたくない」「私だけを見て」と訴えています。猫は、関心のない人が何をしていても構うことはありません。ある種の愛情表現だと思ってあげてください。

といっても、やることが片付かないのは困りものです。子猫の場合は寝落ちするまで遊んでから取りかかることをおすすめします。

成猫の場合は、隣に箱や椅子を置いて座ってもらい、時々撫でたり話しかけながら作業をしてみてください。

猫に信頼されるには?

足にスリスリする猫

猫の信頼を得るにはどうしたら良いのでしょうか?次のような行動を実践してみてください。

  • 大声を出さない
  • 追いかけない
  • 無理やり抱っこしない
  • 猫のほうから接近してくるまで待つ

猫は、自分が甘えたくなると接近してきます。スキンシップはこのタイミングがベストです。飽きれば去っていくので、それまでは撫でていても大丈夫です。

基本的に猫が嫌がることをしなければ、少しずつ信頼度が高くなっていくでしょう。

まとめ

PCの後ろから覗いて邪魔する猫

愛猫のお世話をしながら健康面を気遣ってくれる飼い主さん。さらに、苦手なことや好きなことも把握しているので、愛猫にとっては最も信頼できる人物です。

そんな飼い主さんだからこそ、特別に見せられる姿がありました。少々戸惑うようなものもありますが、心を許してくれていると思うと嬉しくなりますね。

スポンサーリンク