猫が『お尻を向ける』のは意味がある?5つの心理

猫が『お尻を向ける』のは意味がある?5つの心理

猫がこちらにお尻を向けているのは、機嫌が悪いわけではありません。飼い主さんを頼りにしている気持ちがあるからする行動です。猫がお尻を向けるときの心理をご紹介します。

25066view

1.信頼・安心している

座るキジトラ猫の後ろ姿

お尻や背中は敵に狙われる部分です。そんな部分を飼い主さんに見せるということは「自分に危害を加えない人だ」と猫が信頼しているという意味なのです。信頼してくれているならこちらを見てほしいものですが、猫がお尻を向けてリラックスしていたら優しく声をかけたり、なでてあげましょう。

猫によっては寝ている飼い主さんにお尻を向けることもあります。飼い主さんのそばで安心して寝ているという証拠です。中には寝ている飼い主さんの顔にお尻を向けて寝る猫もいます。飼い主さんの顔に近い位置で寝る猫は子どもっぽい性格と言われています。飼い主さんを母猫のように思い、信頼しているということなのです。

2.あいさつしたい

しっぽを立てている三毛猫のお尻

猫のあいさつは鼻と鼻を近づけにおいを嗅いで行います。その後、お互いのお尻のにおいを嗅ぐという行動でもあいさつをすることがあります。しかし、お尻のにおいを嗅ぐことを許されるのは、仲の良い猫や自分より優位の猫などに限られているのです。

飼い主さんにお尻を向けるのは信頼している気持ちから「お尻のにおいを嗅いでいいよ」という猫からのお誘いなのです。実際に猫のお尻のにおいを嗅がなくても、なでて応えてあげましょう。

3.なでて欲しい

振り向く猫

猫は飼い主さんに何かしてほしいとき、色々な方法でアピールします。

お尻を向けるのは、背中やしっぽの付け根をなでてほしいというメッセージが込められている可能性があります。飼い主さんとの生活の中で、無言でお尻を向けるとなでてもらえることを覚えたのかもしれません。

背中やしっぽの付け根をなでられるのが好きな猫は多いです。猫が満足してくれるようになでてあげましょう。ただし、猫は撫で方が悪かったり、同じ場所をずっとなでられたりすることが好きではありません。我慢の限界がくると、しっぽを叩きつけるように振ったり、耳を後ろに向けてイカ耳になったりします。そういった仕草が見られたらなでるのをやめましょう。

4.守りたい

黒猫の顔

飼い主さんや赤ちゃんなど、猫が守りたいと思っている相手にお尻を向けることがあると言われています。

自分が前に出てボディーガードをしていると思うと、猫がとても頼もしく思えますよね。

5.そっとしておいてほしい

寝そべっている猫の後ろ姿

飼い主さんから離れた場所で、猫が飼い主さんにお尻を向けているときは、ひとりで過ごしたいと思っている可能性があります。

外の景色を見ていたい、お気に入りの場所でリラックスしたいなど「今は構わないでね」という意味でお尻を向けているのです。猫が近づいてきてくれるまでそっとしてあげましょう。

まとめ

猫の後ろ姿

猫がお尻を向けるのは、「信頼している」「仲間だと思っている」という気持ちが表れています。他には、「なでてほしい」と無言でアピールしていたり、ボディーガードをしていたりする意味もあります。また、猫が離れた場所でこちらにお尻を向けているときは、ひとりで過ごしたいときです。

お尻を向けているときの状況から、猫の気持ちを考えて応えられるようになりたいですよね。

スポンサーリンク