猫がする『喜怒哀楽のサイン』とは?4つの仕草・行動をチェック!

猫がする『喜怒哀楽のサイン』とは?4つの仕草・行動をチェック!

『猫は表情があまりない』と言われますが、実は全身を使って意思表示をしています。今回は、猫によく見られる代表的な行動を「喜怒哀楽」の各々に分けてご紹介したいと思います。

802view

1.喜んでいる時のサイン

尻尾を立てて近づく猫

尻尾を垂直にピンと立てながらこちらへ向かってくる時の猫は、大変に喜んで友好的です。遠くにいても、ご飯やおやつと察すると尻尾をピンと立てて小走りにやってきます。

撫でられて喜んでいる時は、ゴロゴロと言わせながら身体全体をこちらに預けてくるでしょう。へそ天をして床をクネクネしたりスリスリすることもあります。見ているだけでも猫の喜びが伝わってきます。

2.怒っている時のサイン

威嚇をしている猫

ブラッシングや爪切りが長すぎると、怒って威嚇をしてきます。威嚇の行動は、猫パンチをしたりシャーと脅してくることが多いでしょう。ここまでされると、猫が怒っていることはわかりますよね。

しかし、その前に尻尾を大きく地面に叩きつけたりイカ耳をして「不快だ」と表現しています。これらのサインを見逃さないようにしてくださいね。因みに、威嚇されても猫の嫌なことをやめないと本気で噛みつかれたり爪を出した猫パンチで攻撃をされます。

3.哀しんでいる時のサイン

キャットタワーに入っている猫

タイミングが悪く遊んでもらえなかった、おやつやご飯をもらえなかった時などに見られる行動でしょうか。尻尾を低く垂らして、トボトボと歩いて見えない場所に隠れてしまいます。

声のコミュニケーションを使って「欲しい!」と訴えるてくるかもしれません。猫はあまり人間に対して無理強いをしませんが、哀しみに溢れているときの猫は困った行動を起こすかもしれません。

4.楽しくてたまらない時のサイン

身体にスリスリする猫

待ってましたとばかりに走りよってきてスリスリしてくれるでしょう。身体の上に乗って手でチョイチョイしたり、こちらを見ながら大きな瞬きをしてくれることもあります。

まとめ

窓際に座る猫を見る女性

猫がする『喜怒哀楽のサイン』とは?4つの仕草・行動をチェック!についてお伝えいたしました。

尻尾・耳の動きから、猫の様々な気持ちを知ることができます。今回は触れていませんが、ヒゲの動きにも着目すると面白いかもしれませんね。

猫とのふれあいの時間を沢山持つと、お互いの気持ちがわかるようになります。とはいえ、なるべく怒りと哀しみは見たくないですね!

スポンサーリンク