猫の『幸せ度』ってどうすればわかる?5つのチェックポイント

猫の『幸せ度』ってどうすればわかる?5つのチェックポイント

猫の「幸せ度」を知る手立てはあるのでしょうか?今回は愛猫の「幸福度」を確認するためのチェック項目を紹介いたします。

3738view

愛猫の「幸福度」をチェックしてみよう!

抱っこする猫

愛猫は今、幸せに過ごせているでしょうか?飼い主さんとしては、とても気になるところですよね。

言葉による返答は得られませんが、幸福度を確かめるポイントがあります。これから紹介する5つのチェック項目を見て、確認してみてください。

1.床に転がっていますか?

「猫が床に落ちている」という表現があるように、地面でゴロゴロしながら過ごせていますか?

もしそうならば、安心できている証です。猫は警戒心が強い動物なので、安全が確保できなければ床に寝転がって寛ぐことはできません。

2.お腹を見せて甘えてきますか?

猫にとって腹部は急所です。そこをさらけ出して甘えるということは、飼い主さんへの信頼が高いことになります。

直接撫でさせてくれなくても、構ってアピールとしてゴロンと寝転がってくれれば幸福度的には合格です。

3.目を見つめてきますか?

男性の目を見つめる猫

猫同士は目を逸らすことがマナーとされています。しかし人と暮らす猫は、自然と人間よりのコミュニケーションを取るようになります。

目を見つめる行為もその1つです。飼い主さんの目を見つめてうっとりする、ゆっくり瞬きをしてくれるようであれば、愛に溢れた生活が送れているサインです。

4.ニャン語でお話してくれますか?

猫の「ニャー」には様々なバリエーションがあります。まるでお喋りをするように鳴いてくれるようであれば、コミュニケーションを楽しんでくれている証です。

普段から積極的に話しかけてあげると、愛猫も言葉のようなニュアンスを覚え、話しかけるようになります。

5.さり気なく側にいてくれますか?

気づくと愛猫が隣に座っている、よく視界に入るなど、距離が近いということは信頼関係が良好である証拠です。

猫は不信感を抱いている相手には決して近づきません。犬のようにベッタリ甘えることがなくても、距離感が近いということは、飼い主さんを強く意識して甘えようとしています。

「可愛いね」「良い子だね」と褒め言葉をかけてあげると喜ぶでしょう。

まとめ

床で寝る猫

皆様の愛猫はいくつ当てはまりましたか?まだ家族に迎えて日が浅いご家庭では、微妙なものもあったかもしれません。そこは気にしなくても大丈夫です。

お家に慣れてくれば自然と心を許し、当てはまるものも増えてくるはずです。ゆっくり時間をかけて、信頼関係を築いていってください。

猫の幸福感は、安全な環境・望む距離感をキープしてくれる飼い主さん・お世話が行き届いていることなどが重要な要素です。

愛猫が楽しいと思うこと、求めていることを叶えてあげられるように心を通わせていきましょう。

スポンサーリンク