猫の『ストレスを解消する方法』とは?飼い主が試すべき3つのこと

猫の『ストレスを解消する方法』とは?飼い主が試すべき3つのこと

自由にのんびり過ごしているように見えていても、猫がストレスを感じている可能性があります。猫のストレスを少しでも減らしてあげるにはどのようなことを飼い主さんはすべきなのでしょうか。

3510view

1.猫が落ち着ける環境を作る

家具の上でリラックスする猫

猫が落ち着いて生活できる環境があることで、猫がストレスを感じにくくすることができます。

高い場所

キャットタワーや家具の上など高い場所が猫には必要です。高いところから敵がいないか確認したり、敵から逃げたりする場所は猫にとって落ち着けるからです。

隠れられる場所

猫は暗くて狭い場所が好きです。それは敵から身を守れたり、獲物が潜んでいる場所だったりするからです。ひとりでリラックスしたいときや、多頭飼育で他の猫と揉めて逃げ込みたいときなどに必要です。

他の猫との距離

距離をあけてソファに座る猫二匹

多頭飼育では他の猫との距離が2m以上保てるスペースがあることがストレス対策となります。食事場所やトイレ、リラックスできる場所が他の猫と離れているか確認しましょう。

トイレの環境

トイレにこだわりのある猫がいます。トイレの形、猫砂の種類など猫が気に入るものを見つけてあげましょう。また、トイレは清潔を保つようにすることも大切です。

爪とぎ

猫にとって爪とぎは爪の手入れだけでなく、気持ちを落ち着ける目的や、縄張りを示すために必要なものです。爪とぎにも猫の好みがあらわれます。猫が気に入る素材でできた爪とぎを用意してあげましょう。

2.構いすぎない、構ってあげる

抱っこされる猫

猫の性格を理解してスキンシップを取ることも必要です。構われるのがあまり好きではない猫は、ひとりでリラックスする時間を増やしてあげることで、ストレスが減るかもしれません。飼い主さんと遊ぶのが大好きな猫とは、遊ぶ回数を増やしてあげることがストレスの解消になる場合があります。

3.おもちゃで遊ぶ

おもちゃをくわえる猫

運動不足が猫のストレスの原因である場合があります。猫は狩りをする生き物なのでおもちゃを使って狩りの疑似体験をすることが運動にもなり、ストレス解消にもなります。猫じゃらしをネズミや鳥の動きを真似て動かして猫の狩猟本能を刺激してあげましょう。

また、猫の知育トイを使うことでもストレス解消になります。知育トイにドライフードを入れ、猫が工夫してフードを取り出そうとすることで狩りを再現できるという仕組みです。

まとめ

麻の袋に隠れる猫

猫のストレスを解消するには、猫が暮らしやすい環境を整えてあげることが必要です。高い場所、隠れられる場所、トイレ、他の猫との距離などを見直してみましょう。

飼い主さんとのコミュニケーションも大切です。構われすぎることがストレスとなっていたり、その反対もあります。遊び方も工夫することもストレス解消になります。

愛猫の日々のストレスが少しでも減るように、色々と試してあげたいですよね。

スポンサーリンク