猫が思わず『固まってしまう』のはどんな時?3つのシーン

猫が思わず『固まってしまう』のはどんな時?3つのシーン

まるで置き物のようにピタッと固まって動かなくなっている猫の様子を見たことはありませんか?実はこのように固まってしまうのにはきちんとした理由があるのです。今回はそんな「猫が固まってしまうシーン」について解説してまいります。

726view

猫はどんな瞬間に固まってしまう?

何かを見つめる猫

目を大きく見開きながらじっーとその場で固まる…といった行動は、実は猫によくある行動のひとつといえます。一見シュールにも見えるこの行動に対して、とても興味深く感じている猫好きさんも多いのではないでしょうか。

一体どのようなシーンで猫は固まることがあるのか、そもそもなぜ固まってしまうのか、シーン別に詳しく紹介してまいります!

1.大きな音や大声がした時

猫の目

猫は大きな音や大声に対して警戒したり、怖がる傾向にあります。そのため急に何の前触れもなく大きな音や大声がしてしまうと「一体何事だ!?」とびっくりして固まってしまうことがあるのです。

そのため猫をびっくりさせないためにも、できるだけ猫の近くではうるさい音や声を立てないように気を配るのがベストといえるでしょう。

2.嫌いな相手や見知らぬ相手を見かけた時

人間を見つめる猫

嫌いな相手や見知らぬ相手が目の前に現れた時も、猫は緊張して固まることがあります。

人間同士でも、嫌いな相手や得体の知れない相手を目の前にした時に固まってしまったり恐怖を覚えることってありますよね。それと同じで猫も恐怖心や警戒心から固まってしまうのでしょう。

そして実は固まりながら、相手の出方を観察していることが多いです。

相手が少しでも怪しい動きを見せたりこちらに襲いかかってきた時のために備えて、攻撃の準備をする猫も中にはいます。

3.興味をそそられる物を見つけた時

おもちゃで遊ぶマンチカン

猫が固まってしまうのは警戒している時や怖がっている時だけではありません。猫の興味をそそるような物を発見した時も、思わず固まってしまうことがあります。

虫や小動物、猫用のおもちゃ、美味しそうな匂いがするもの、見たことがない真新しい物など、さまざまな物に対して猫は興味を抱くことがあるのです。

このような場合、見つけた瞬間一旦固まりますが、ターゲットとなっている物へと徐々に近づいて匂いを嗅いだり、じゃれて遊ぶケースが多いといえるでしょう。

まとめ

目を見開く猫

猫が突然固まってしまうシーンはたくさんありますし、猫の性格によって固まる場合もあれば全く固まらず平気な顔をしている場合もあります。

ただ、びっくりりした時や警戒している時などに固まることも多いため、猫が不安がっているようであれば不安要素を取り除いてあげたり、リラックスできるような環境を用意してあげるとよいでしょう。

スポンサーリンク