猫から好かれるにはどうしたらいい?接し方のコツ5つ

猫から好かれるにはどうしたらいい?接し方のコツ5つ

猫と仲良くしたいのに逃げられてしまう場合や、猫との距離がなかなか縮まらない場合、接し方を見直してみましょう。猫が苦手なことをしない、猫に合わせてあげることがコツです。

1170view

1.猫のペースに合わせる

人の指に鼻を近づける猫

猫が近づいて来てくれるまで、こちらからは何もしないのがコツです。猫が近くに来てくれたらにおいのチェックをすることが多いので、動かずにじっとしてにおいチェックが終わるのを待ちましょう。

猫はにおいや音で相手を確認します。においチェックに近づいた猫にこちらから近づいてしまうと、においの確認ができないので、猫が警戒してしまいます。

においチェックが終わっても猫が近くにいてくれたら、指先を出して猫とあいさつをしてみましょう。猫が指先に鼻を近づけてくれたらあいさつをしてくれたということです。

あいさつができた後も、追いかけたり構い過ぎたり猫が苦手なことはせず、猫のペースに合わせてコミュニケーションを取りましょう。

2.見つめすぎない

そばに座る猫

猫同士では目を見つめることは相手に敵意があることを示す仕草で、喧嘩になることもあります。猫と仲良くなりたいからといって目をじっと見てしまうと警戒されてしまう場合があるのです。

猫と信頼関係が築けると、愛情表現や要求の意味で飼い主さんを見つめるようになります。

3.静かな態度でいる

本を読む人の膝の上にいる猫

猫は大きな音や動きが苦手です。声の大きい人や足音が大きい人などを怖がってしまうことがあります。

猫に好かれるのは物静かで落ち着いている人です。猫と同じ空間にいるときは猫を驚かせないように静かに過ごしましょう。

4.高めの声で話しかける

女性と猫

猫は高めの声の方が聞き取りやすいといわれています。低い声は威嚇されているように感じるようです。

小さな子どもに話しかけるような少し高めの声で猫に話しかけてあげましょう。ただし甲高い声は苦手です。

5.猫がよろこぶスキンシップをする

頭をなでられる猫

猫はなでられてうれしい場所と触られたくない場所があります。

触られて嬉しいのは、頭、首、背中、しっぽの付け根などです。そういった場所をなでてあげると猫はよろこぶのですが、なで方にもポイントがあります。

猫は同じ場所をずっとなでられたり、長く構われることを嫌がったりします。猫がイライラしてくるとしっぽをブンブンと叩きつけるように振ったり、耳を後ろに向けてイカ耳をしたりするので、その仕草が見られたらスキンシップを終了します。

猫に嫌がられる前になでるのをやめて「もっとなでてほしい」と思ってもらえるようになりましょう。

まとめ

向かい合う人と猫

猫に好かれるには、基本的に猫のペースに合わせることが大切です。

静かに過ごす、優しく話しかける、猫がよろこぶ場所をなでてあげるなど、猫に警戒されないコツをつかんで接してみてください。

スポンサーリンク