猫が『丸まって眠る』のはなぜ?4つのワケ

猫が『丸まって眠る』のはなぜ?4つのワケ

猫が丸くなって眠る光景を見たことがあるでしょうか?人間には真似できないほど、綺麗に丸まっていますよね。そもそもなぜ、あのような寝相になるのでしょうか?今回は通称「アンモニャイト」の真相について紹介いたします。

2265view

猫が丸くなって眠る4つのワケ

丸くなって眠る猫

猫はちょくちょく丸くなって眠ります。その姿がまるでアンモナイトのように見えることから、「アンモニャイト」や「ニャンモナイト」と呼ばれています。

そもそも猫は、なぜこのような寝相をするのでしょうか?4つのワケを紹介いたします。

1.寒いから

寒さを感じたとき、無意識に身を縮めることはありませんか?猫も同じなのです。ぎゅーっと丸まることで寒さから身を守ろうとします。

特に冷やしたくないお腹を守るには理想的な姿勢というわけです。

2.狭い場所が落ち着くから

猫は穴蔵で生活していた名残りから、狭い場所で眠ることを好みます。しかも体が柔らかいので、壺でも鍋でもすっぽり入ることができてしまいます。

とても窮屈な場所で丸くなって眠ることで落ち着くこともあるのです。

3.お気に入りの寝相だから

人間にもそれぞれ好みの寝姿勢があるように、猫にもそれぞれお決まりの寝相があります。大胆に仰向けになって眠る猫もいれば、アンモニャイトが定番という猫もいるのです。

4.ちょっぴり警戒気味

警戒心の強い猫は急所を見せません。寒さから身を守る時と同様に、丸くなることで大切な腹部を守ろうとします。

まだ家族になって日が浅いうちは、眠りの邪魔をしないように気をつけてください。

あの歌はウソだった!?

猫とこたつ

猫がアンモニャイトの姿勢で眠る謎が解けましたね。ここで1つ思い出すことはありませんか?例えば有名なあの歌。「猫はこたつで丸くなる」というフレーズです。

こたつの中はポカポカしているため、実際にはだら〜んと伸びた姿勢になるのが定番です。つまり、あの歌と事の真相にはズレがあります。

しかしどちらにせよ、猫にとってこたつが心地よい場所であることには変わりません。あの歌からは、猫がのんびり過ごしている様子が伝わってきますよね。

まとめ

丸くなって眠る子猫

猫が丸くなって眠る理由を紹介いたしました。寒さから身を守ったり、単にお気に入りの寝相だったりと思い思いのワケがありそうです。

皆様のお家の愛猫は、どんな寝相が定番でしょうか?丸くなることが多いのであれば、美しいアンモニャイトが楽しめそうですね。

明らかに室内が冷えているようでしたら冷房を弱めたり、冬場は少し暖かくしてあげてください。

スポンサーリンク