猫が避けたくなる人がしているNG行動4つ

猫が避けたくなる人がしているNG行動4つ

「猫が好きなのに避けられている気がする…」という方もいるでしょう。一方で、猫が自分から寄っていくほど好かれる人もいますよね。可愛がっているつもりでも、猫が避けたくなる行動をしているのかもしれません。いったいどのような行動なのでしょうか?

2242view

1.大声を出す

怯える猫

猫のそばで大きな声を出したり、大きな声で猫に話し掛けたりしていませんか?

猫は人間が聞き取れない超音波まで聞き取れるほど、優れた聴覚の持ち主です。そのため、大きな声や音は猫にとっては騒音と感じることもあるのです。

大きな声は猫に恐怖心を与えます。思わず避けたくなるのでしょう。猫と接するときのNG行動の1つです。

2.構いすぎる

嫌がる猫

可愛さ余って、つい構いすぎていませんか?

猫は、長時間撫でられたり、無理やり抱っこされるのを嫌がります。自由気ままな猫は、自分のペースを乱されるのが苦手。

猫が自分から寄って来たときに構うくらいがちょうど良いのです。

3.キツい香水をつける

抱っこされる猫

猫の嗅覚は、人間の数万~数十万倍優れていると言われています。そのため、私たち人間にとっては良い香りでも、猫にとっては激臭と感じることもあります。

キツい香水や消臭スプレー、柔軟剤などを使用していませんか?

猫は柑橘系やフローラル系の匂いが苦手。苦手な匂いがする人は避けたくなるのも無理はありませんよね。猫と仲良くなるには、匂いにも気を配る必要があるのです。

4.目をじっと見つめる

不機嫌な猫

クリクリとした猫の美しい瞳。思わず吸い込まれてしまいますよね。じっと見つめたくなる気持ちもわかりますが、猫同士がじっと見つめ合うのはケンカの合図。猫の目をじっと見つめてしまうとケンカを売られていると勘違いしてしまいます。

無駄な争いを避けたい猫は、じっと見つめる人が苦手。「この人とは関わらないようにしよう」と避けたくなるのでしょう。

もし猫と目が合った場合は、そっとそらすか瞬きをして、敵意がないことを伝えましょう。

まとめ

不機嫌な猫

いかがでしたか?人間同様、猫にも好き嫌いがあります。しかし、人間が持つ「嫌い」という感情とは少し異なり、猫は「嫌い=自分に害を与える人」です。自分の身を守るために危険は避ける猫の本能による行動です。

猫に避けられていると感じる方は、ぜひ自身の行動を振り返ってみて下さいね。

スポンサーリンク