日常生活で使う物が危ない!猫にとって『害になるもの』5つ!

日常生活で使う物が危ない!猫にとって『害になるもの』5つ!

普段何気なく使っている日用品も、時には猫にとって害となる場合があります。どのようなものが、危険なのでしょうか?また、どう使えば安全なのか、その方法もお伝えします!

658view

1.洗剤

洗剤

「洗剤」は、猫にとって害になりうる日用品です。キッチンや洗面台、お風呂などにある水滴を舐めたがる猫もいるため、注意しなければいけません。水だけならば、衛生的な懸念は多少あるものの、さほど害はないと思われます。

ただ、そこに洗剤が含まれていると、嘔吐や下痢などを引き起こすかもしれません。また、猫の食器を洗剤で洗った場合、成分が残っていると危険です。しっかりとすすぐようにしましょう。

2.アルコール

アルコール消毒

日常的に使うことの多い「アルコール」。消毒でよく用いられますが、これが猫にかかってしまうと、害となってしまう場合があります。猫には人のように、アルコールを分解できる能力が備わっていないためです。

もし猫が体内に取り込んでしまうと、中毒を起こすなどの危険性があります。ただアルコールは揮発しやすいため、乾いてしまえば、問題はありません。

間違ってもおもしろ半分に猫にアルコールを飲ませることは、止めましょう。命に関わる場合があります。

3.柔軟剤や香水、芳香剤

柔軟剤

「柔軟剤や香水、芳香剤」などの人からするとよい匂いと感じる日用品は、実は猫には害となる場合が。それらに含まれる化学物質で、肝臓や腎臓に異常が起こるといわれているのです。

特に、梅雨の時期などは、柔軟剤を使用した洗濯物を室内に干すシーンが多くなることもあるでしょう。そこから発せられる化学物質により、猫が体調不良を起こしてしまう可能性が。いわゆる「香害」です。

飼い主さんにとってはよい匂いでも、猫には害でしかないと考えるべきでしょう。元気や食欲の減退、嘔吐、呼吸困難、がんなど、重篤な障害となる場合もあります。なるべく、化学物質の入った商品は、猫がいる場所では使わないようにすると、予防策になるでしょう。

4.タバコ

タバコ

「タバコ」は、人に対しての有害性も証明されていますが、体の小さい猫には、5〜6倍の影響があることが分かっています。煙を吸わせなければいい、という問題ではありません。有害物質が猫の被毛や家具、床、カーペットやカーテンなどに付着し、それらを取り込んでしまう可能性があるのです。

また、タバコそのものを誤飲してしまうこともあるかもしれません。中毒や肺がん、リンパ腫などのリスクが高まるので、猫がいる部屋ではタバコを吸わないようにするのが一番です。

5.ヒモ

ヒモ

段ボールなどを束ねたり、お料理に使ったり、日常的に使う機会のある「ヒモ」ですが、こちらも猫に害を及ぼすことがあります。

猫はヒモ状の物を好みますので、飼い主さんが使っているとおもちゃとして遊び出し、それが誤飲の原因となる場合があるのです。

飼い主さんが側で見てあげ、飲み込まないように注意していれば、問題はないでしょう。猫が1匹で遊んでいると、気がついたらヒモがなくなっていた、ということがあるかもしれません。もし飼い主さんが見られない状況なら、ヒモはどこかへしまっておくのが無難です。

まとめ

雑貨

安全と思われる室内でも、意外と猫にとっての危険が転がっています。ありふれた日用品でも、気をつけなければ愛猫の命を奪ってしまうことがあるのです。十分注意して、使用する必要があるでしょう。

スポンサーリンク