猫が初対面の人の匂いを嗅ぐのはなぜ?4つの理由

猫が初対面の人の匂いを嗅ぐのはなぜ?4つの理由

初対面の猫に会うと、必ずといってよいほど嗅がれる匂い。どうして彼らは、それほどまでに匂いを嗅ぐのが好きなのでしょうか?猫が初対面の人の匂いを嗅ぐ理由を、まとめてみました。

477view

1.相手の情報を得ている

クンクン

猫は、相手の匂いを嗅いで情報を得ています。初対面の人に対しても同様に、クンクンしていろいろな判断を行っているのです。

猫同士であれば、まずは鼻先で挨拶がてら匂いを嗅ぎ合います。それからお尻の匂いをチェックし、性別や体調、発情の状態などの情報を得ているのです。

相手が人の場合、猫がどこまで分かるのかは分かりませんが、指先などの匂いを嗅ぎ、一応は満足したようなそぶりを見せます。ひとまずは、危険はなさそうだ、などと判断しているのかもしれません。

2.仲間かどうかの確認

匂いを嗅ぐ猫

猫は、飼い主さんなどに自分の体をこすりつけ、マーキングをします。これは次に会ったとき、自分の匂いがするかどうかで、仲間かどうかの確認を行うためなのだそう。

初対面の人の匂いを嗅ぐのは、以前に会ったことがある相手なのかを確認していると考えられます。もし自分の匂いがしないのなら、「知らない相手だ」と警戒を強めるのかもしれません。初対面の猫にスリスリされたら、一応は「仲間だ」と認めてもらえたと考えて、よいようです。

3.挨拶

挨拶

相手の匂いを嗅ぐのは、挨拶でもあります。猫同士では鼻先から始まり、お尻へと移行するようですが、人の場合は指先などがよいでしょう。猫には尖ったものを嗅ぐ習性があるからです。

初対面の猫に会ったときはまず、指先を猫の鼻先に近づけ、匂いチェックを受けましょう。すると、極度に緊張している猫以外は、クンクンと嗅いでくれます。それによりどんな相手なのかが猫側でわかるため、挨拶完了となるのです。

ものすごく緊張している猫は、匂いすら嗅がないよう。その場合はムリせずそっとしておき、もし猫の緊張がほぐれた様子なら、再度チャレンジしてみるのもよいかもしれません。

4.匂いが気になってしかたない

靴の匂いを嗅ぐ猫

初対面の人の特に靴や靴下を執拗に嗅ぎたがる場合、匂いが気になってしかたがない可能性があります。

靴や靴下は、匂いが強くなりがち。なぜなら、汗が分泌される汗腺が集中しているからです。それによって雑菌が繁殖しやすい環境になり、匂いが…。

人であれば嫌がることが多いかもしれませんが、猫は嫌がるどころか、積極的に嗅ぎにいく場合が多いです。嗅いだあとは口を半開きにし、「クサ〜」とでも言いたげな独特の顔をすることも。嗅がれた人からすると「そんなにクサかった?」と少しショックを受けますが、これは「フレーメン反応」というフェロモンなどを嗅ぎ分けている行動です。

猫の嗅覚は人よりも遥かに優れているため、強めの匂いがする靴や靴下の匂いが気になると考えられます。初対面の人は特に、嗅いだことない匂いがして、確認せずにはいられないのかもしれません。

まとめ

ミミちゃん

初対面の猫が匂いを嗅いでくるのは、ある意味セオリーでもあるようです。まずは匂いチェックを受けるのが、仲良くなる第一歩かもしれません。

スポンサーリンク