猫が『嫉妬』を感じる4つのシーン

猫が『嫉妬』を感じる4つのシーン

自由気ままに見える猫も嫉妬してしまうことがあります。遠くから見つめる、機嫌が悪い、他の猫と揉めるなどの行動が見られたら猫が嫉妬している可能性があります。今回は、どのようなときに猫が嫉妬を感じるのかご紹介します。

925view

1.飼い主さんが他の猫を可愛がっているとき

横を見る白い猫

ごはんを用意してくれる、トイレをきれいにしてくれる、甘えさせてくれるなど、お世話をしてくれる飼い主さんのことを猫は親猫のように思っています。そんな飼い主さんが自分以外の猫を可愛がっているところを見てしまったとき、嫉妬を感じてしまうことがあるのです。

多頭飼育では、猫同士でライバル意識が生まれることもあります。猫が嫉妬すると遠くから飼い主さんを見つめる、機嫌が悪くなる、猫同士で揉めるなどの行動が増えることがあります。

また、新入り猫を迎えたばかりの時期は飼い主さんは新入り猫を気にかけることが多くなるかと思いますが、先住猫を優先するようにしましょう。嫉妬が大きなストレスとなり、体調を崩してしまう猫もいるので注意が必要です。

2.家族が増えたとき

ミルクを飲む赤ちゃんを見る猫

飼い主さんの結婚や出産などで家族が増え、猫を構う時間が今までよりも減ってしまったときに、猫が嫉妬を感じている可能性があります。

猫とふたりだけになる時間を作って、遊んだり甘えさせてあげたりしましょう。

3.飼い主さんから知らない猫のにおいがするとき

指のにおいを嗅ぐ猫

帰宅した飼い主さんのにおいチェックをする猫は多いです。もし知らない猫のにおいがしていたら、自分の知らないところで飼い主さんが他の猫を可愛がっていると嫉妬してしまう可能性があります。

また、猫は縄張りを持つ生き物なので、自分の縄張りである家に他の猫のにおいがすることは問題です。機嫌が悪くなってしまうこともあります。

猫カフェや猫を飼っているおうちを訪れたあとは、しばらく猫がツンとしてしまうかもしれません。

4.飼い主さんがスマートフォンやゲームをしているとき

ゲームのコントローラーを枕にする猫

スマートフォンやゲームのコントローラー、パソコンのキーボードなど、飼い主さんがずっと手に持っているときは自分に注目してくれないということを猫がわかっている場合があります。嫉妬を感じてスマートフォンやコントローラー、キーボードに頭突き、噛む、上に乗るなどして飼い主さんの邪魔をすることがあるのです。

まとめ

香箱座りの猫

飼い主さんが他の猫や赤ちゃんなどを構っているとき、飼い主さんが猫のにおいをつけて帰宅したときなどに猫が嫉妬してしまうことがあります。

猫や人だけでなく、スマートフォンやゲームのコントローラーに嫉妬してしまう猫もいます。遠くから見つめる、機嫌が悪い、物を噛んだり上に乗ったりするときは、猫が嫉妬しているかもしれません。

猫が嫉妬するシーンが続いたときは、猫とふたりだけになる時間を作るなどしてみましょう。

スポンサーリンク