『猫専門のライター』になるには?適性や持っておくと良い資格・仕事の探し方など6つ

『猫専門のライター』になるには?適性や持っておくと良い資格・仕事の探し方など6つ

世の中には様々なジャンルのライターがいます。その中で、猫に関することを専門にしているのが猫専門のライターです。今回は、猫ライターとしてデビューする方法について詳しく紹介いたします。

379view

猫専門のライターになるには?

作業中のPC画面を見る猫

猫に関する情報を発信するサイト内では、猫を専門とするライターと校閲するスタッフが活躍しています。

記事を読む中で、自分もやってみたい!と思ったことはありませんか?猫専門のライターになるにはどうしたらよいのでしょう。

ここでは仕事に繋がりやすい資格や適正、仕事の探し方などについて詳しく紹介いたします。

1.優遇されやすい資格

猫に関する資格の中でも、特にライターとして活躍するために優遇されやすいものがあります。

1つ目は「キャットケアスペシャリスト」です。在宅のみで取得できる資格ですが、その内容は濃く、基本的な飼育管理・生態学・看護学・介護学・美容学など多岐にわたります。(一部犬に関する内容も含まれています)

2つ目は「愛玩動物飼養管理士」です。こちらは在宅のみではありませんが、取得すると猫カフェや動物病院などで勤務したい場合でも役立ちます。

その他にも、ペットシッターや猫健康管理士などの資格があり、持っているとアピールポイントになります。

2.文章を書くことが好き

文章を書くことが苦にならないというのは必須でしょう。記事には納期が存在するので、それまでに仕上げなければなりません。

そして、読者に伝わりやすく書くことも重要です。難読漢字や専門用語をなるべく使わずにシンプルにまとめられると良いでしょう。

専門用語に関しては避けられないことも多々あります。その際は、簡単な解説を入れるようにすると親切です。

普段から定期的にブログを更新していると優遇されることも多いので、猫のブログを書いている場合はアピールできるでしょう。

3.猫が好き

もちろん猫が好きという要素も大切です。読者のほとんどは猫好きさんなので、猫愛に溢れた記事に出会うと「この人も猫が好きなんだなぁ」と繋がりを持てたような喜びを感じることができます。

正確な情報を発信しつつ、「猫好きさんならこう思いますよね」と共感できると良いでしょう。

4.知識が豊富

学者風の猫

猫の習性や必要なお手入れ、かかりやすい病気など、猫に関する知識が豊富な人も適任です。

単なる猫マニアではなく、猫に関する確かな知識を発信することで、それを必要としている誰かの役に立てるのです。

5.中立性が保てること

ブログは個人的な考えを積極的に発信できる場ですが、ライターとして報酬の発生する記事の場合は「中立性」が大切になります。

あまり偏り過ぎず、冷静で客観的な文章を書くことを意識してみてください。

6.仕事を探してみる

猫専門のライターになりたいと思ったら、具体的に仕事を探してみましょう。

「猫 ライター」「猫 記事 仕事」などと検索すると、求人サイトの中で該当するものが出てきます。記事の執筆自体が初めてという方は、「未経験者OK」等のワードを含めた形で検索することをおすすめします。

ここで、最初に紹介したような資格に関する文言が登場します。未経験であっても資格があれば応募できる場合もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

最初から高額報酬を期待しない

猫の貯金箱

ご時世柄、副業にも注目が集まっています。猫専門のライターも、副業として募集しているケースが多く見られます。

ここで大切なのは、最初から高額報酬を期待してはならないことです。美味しい話には裏があると警戒しなければ、他の副業と同様に詐欺に遭う可能性があります。

「お小遣い程度」という認識のもとコツコツ積み重ねることで、個別の案件や定期案件などの仕事がもらえるように頑張りましょう。

まとめ

働く猫

今回は、猫専門のライターになる方法について紹介いたしました。ブログだけでは物足りない、猫の魅力を発信したいという思いが叶うのがライターの世界です。

筆者もライターに憧れて猫健康管理士の資格を取得し、現在に至ります。どこにでもいそうな平凡な猫好きから、ここまでやってきました。

何事もトライすることが大切です。新たなことに挑戦したい方、猫が大好きな方、猫との生活で経験したことを生かしたい方の挑戦を応援しています。

スポンサーリンク