猫は犬のように『お手』ができる?教える方法や猫が覚えやすい芸3つ

猫は犬のように『お手』ができる?教える方法や猫が覚えやすい芸3つ

気まぐれで自由を好む猫ですが、犬のように芸を覚えることはできるのでしょうか?ここでは猫に合わせた芸の教え方や覚えてもらいやすい基本の芸を紹介します。

1087view

猫は犬のようにお手ができる

手の平に猫の手

動物園によっては猫が芸を行う「キャットショー」や、室内で飼われている猫が芸を披露している動画を見たことがある方も多いかと思います。猫も犬と同じように「お手」などの芸を習得することは可能で、犬とは違う側面の賢さと学習能力を持っています。

しかし犬と比べると猫はあまり芸をするイメージがありません。それは芸を「覚えられない」のではなく、猫が「覚える気がない」からでしょう。主従関係を守る犬と自由気ままに過ごすことが好きな猫のように、犬と猫では習性が異なり、行動パターンにも大きな違いがあります。

猫に犬と同じように芸を教えても覚えてはくれません。教え込むというよりは、愛猫とのコミュニケーションをとることや遊びの一環として芸を取り入れることができれば、覚えてくれる可能性は十分にあるはずです。

猫に芸を教える方法

猫におやつをあげる人

猫は自発的に行動する動物なので、基本的に飼主さんに従うことはありません。芸を覚えてもらう効果的な方法は、猫にとってのご褒美をきちんと用意することです。

まずは「芸を覚えたら、良いことが待っているよ」と猫に教えてあげましょう。タイミングも重要で、ごはんやおやつをあげる前や猫とおもちゃで遊ぶ時間に芸を覚えさせれば、「こうすればもらえる」と自然に覚えてくれるようになります。芸が出来たらすぐにご褒美をあげ、たくさん褒めてあげるようにしましょう。

反対に芸を教える際にやってはいけないことは、猫を拘束して無理に覚えさせようとすることです。猫は体の自由を奪われることを嫌がり、警戒心を強めてしまえば飼い主さんとの信頼関係も崩れてしまう可能性もあります。

教えている最中に猫がどこかへ行ったりしても無理に継続することはせず、時間をおいてから再チャレンジしてみましょう。ストレスなく楽しく習慣化することができれば猫も覚えやすくなるはずです。

猫が覚えやすい芸

猫のお手

猫に芸を覚えてもらうには、ひとつの芸を集中して教えると猫も覚えやすくなります。以下のような簡単な芸から始めてみましょう。

1.お手

「お手」は犬でもよく見かける代表的な芸です。飼い主さんの手の平を見せて、猫の片足を乗せてもらうようにします。この時に猫が好きなおやつを手の平の上に乗せ、「お手」ができたら食べさせてあげましょう。

2.待て

「待て」はご飯やおやつを与える前に、飼い主さんの「よし」の合図で食べさせます。毎日決まった時間に行えば継続もしやすく、習慣化できれば猫も覚えやすくなります。

3.おすわり

「おすわり」は猫の好きなおやつやおもちゃを見せ、猫がお座りをしたタイミングでご褒美を出すようにします。観察力のある猫の性格を生かしながら、根気よく教えることで愛猫もタイミングがつかめるようになるでしょう。

まとめ 

猫のハイタッチ

飼い主さんの地道な努力は不可欠ですが、猫に芸を教えるタイミングやご褒美を上手に使い、猫が覚えやすい流れを作っていきましょう。ひとつ覚えることができれば、芸のパターンを増やすこともできるかもしれません。

しかし猫によって性格や行動パターンは異なりますので、どんなに飼い主さんが芸を覚えさせようとしても難しい場合はあるでしょう。自由で気ままな性格が猫の魅力でもあるので、無理強いをしないことが鉄則です。

猫に芸を覚えさせることはコミュニケーションのひとつです。愛猫と一緒に遊び感覚で楽しみながら教えていきたいですね。

スポンサーリンク