猫が『お風呂』についてくるのはなぜ?5つの気持ち

猫が『お風呂』についてくるのはなぜ?5つの気持ち

お風呂に入ろうとすると愛猫がついてくる…。それはなぜなのでしょうか?そのときの猫の気持ちを、まとめてみました。謎を解きあかしていきましょう!いくつかの理由が、あるようです。

1111view

1.水が気になっている

見つめる猫

猫がお風呂についてくるときは、「水」が気になっている可能性があります。シャワーの音や、ちゃぷちゃぷ音に、興味を示していると考えられるのです。

猫は水に濡れるのを嫌がる場合が多いですが、遊んだり、飲んだりするのは好んで行うよう。そのため、飼い主さんが入るついでに一緒にお風呂場へ行き、隙あらば水に触れようと思っているのかもしれません。

2.飼い主さんのそばにいたい

飼い主と猫

飼い主さんがお風呂に入ってしまうと、しばらく離れなけれはいけなくなります。それが嫌で、ついてくるということもあるようです。いつも一緒にいたいから、お風呂場まで追いかけてくるのだと思われます。

留守番が長くて飼い主さんと触れ合う時間が短く、もっとそばに寄り添っていたい!と思うのかもしれません。ぬくもりを必要としている可能性があります。

3.何をしているかが気になる

ドア前の猫

飼い主さんがお風呂の中で、「一体何をしているのか?」が気になっている可能性もあります。色々な音が聞こえてくるけれど、それが何なのか、確かめたいという気持ちがあるのかもしれません。

毎日入っていく部屋で、一体どのようなことが行われているのか、気になってしかたないのでしょう。

4.構ってほしい

お風呂にいる猫

飼い主さんに構ってほしくて、お風呂までついてくることも。母猫のように思われているのかもしれません。また、構ってほしい気分のときだとも考えられます。

お風呂に入っているときは飼い主さんはどこにも行かないため、密室の中であれば構ってもらえると期待する場合があるようです。愛猫が濡れないように配慮しながら、構ってあげるとよいでしょう。

5.不安がある

不安げな猫

飼い主さんの姿が見えなくなると不安になるため、ついてくるとも考えられます。「分離不安症」という症状かもしれません。

一緒にいる時間が短かったり、留守番中に恐怖を感じたり、新入り猫の存在などが原因となり得るようです。心当たりがあれば、改善するようにしましょう。解決しなければ、かかりつけの獣医師に相談するのもよいです。

まとめ

ララちゃん

お風呂に入るのは嫌いな猫が多いと思われるのに、飼い主さんがいると一緒に入りたがるなんて、さすがは猫、謎すぎです。でもその理由が寂しさや不安の場合は、解消してあげるとよいでしょう。

スポンサーリンク