猫が見つめながら鳴いてくるのはなぜ?5つの意味

猫が見つめながら鳴いてくるのはなぜ?5つの意味

愛猫がこちらをじっと見つめながら、鳴いている…。こんなとき、どんな意味があるのでしょう?どうやら飼い主さんに何かをしてほしいときだと考えられるのですが、一体何をしてほしいのでしょうか?

5005view

1.注目してほしい

こちらを見て鳴く猫

猫が飼い主さんを見つめながら鳴いてくるのには、「注目してほしい」という意味があります。もしかすると飼い主さんが猫以外の何かに夢中になり、不安を感じているのかもしれません。

猫は自分が注目されていないと、心細く感じるようです。そのため、じっと見つめながら鳴いて、存在をアピールしてくると考えられます。

パソコンのキーボードの上や雑誌の上、テレビ前などに陣取って邪魔してくるのも、この心理からだといわれているのです。でも飼い主さんが相手にしてくれれば安心して、その場から去っていくでしょう。

2.遊んでほしい

見上げる猫

「遊んで〜!」という気持ちがあるとき、見つめながら鳴くようです。完全室内飼いをしている場合、活発な猫は刺激が足らないため遊びたがることがあります。

遊びはストレスや運動不足の解消、飼い主さんとの絆作りに有効に働くといわれているため、時間の許す限り一緒に遊んであげるとよいでしょう。愛猫お気に入りのおもちゃを使い、楽しく遊ぶと喜んでくれるかもしれません。

3.ご飯をください

催促

猫の日々の中で楽しみといえば、「ご飯」です。お腹が空いているとき、飼い主さんをじっと見つめて鳴いて催促してくることもあります。猫は少量ずつちょこちょこ食べる場合があるため、そのようにご飯を与えているのなら、願いを叶えてあげるとよいかもしれません。

もし1日のご飯の回数が決まっているのにそれ以上ほしがるときは、全ての催促に応じていると肥満にしてしまう可能性があります。規定量以上は与えないようにしましょう。

4.甘えたい

甘えん坊

飼い主さんに甘えたいとき、見つめながら鳴いて近寄ってくることもあります。膝に乗ってきたり、スリスリして甘えてきたりする場合も。

そんなときは猫が満足するまで、甘えさせてあげるとよいかもしれません。猫の気持ちが満たされ、益々飼い主さんに信頼を寄せてくれることになるでしょう。

猫を撫でると人も、幸せホルモンなるものの分泌が促され、満たされるといわれているのです。猫が甘えたいときは、甘えてもらうようにするとよいかもしれません。

5.その他何かの要求

要求

猫にはさまざまな要求があります。これまでに紹介したこと以外にも、「ドアを開けてほしい」「寂しい」「構って」などがありそうです。飼い主さんを見つめて鳴くことで、おねだりしていると考えられます。

まとめ

凛ちゃん

猫がただ鳴くより、ただ見つめるより、両方が合わさっている方がより強い要求だと考えられます。

飼い主さんには飼い主さんの都合もあるので、全てを叶えてあげられなくても、「何かしてほしいことがあるんだ」と知っておくと、あとでフォローができるでしょう。

スポンサーリンク