猫が飼い主のそばで『ゴロン』と寝るのはなぜ?3つの理由

猫が飼い主のそばで『ゴロン』と寝るのはなぜ?3つの理由

飼い主さんが何気なく過ごしていると、猫がそばに寄ってきて寝転がる光景を見たことがないでしょうか?この記事では、愛猫が飼い主さんに何を求めているのか?可愛い「ゴロン」の謎について紹介します。

3101view

猫が飼い主のそばでゴロンと寝るのは?

伸びをする猫

猫が飼い主さんのそばでお腹を見せたり、ゴロゴロと寝転がるような仕草をすることがあります。この状態の猫には警戒心がないので、とてもリラックスした状態です。

元々猫は警戒心が強く、心を許していない人の前では無防備な姿を見せません。ましてや猫の急所である「お腹」を見せて仰向けで寝ることは、安心できる環境ということをしっかりと認識しており、飼い主さんへの信頼がとても高いからと言えるでしょう。

1.飼い主に甘えたいから

お腹をみせる猫

そんなリラックスした状態にある猫ですが、飼い主さんのそばで寝るのはどんな理由があるのでしょうか?

ゴロンと寝転ぶ以外にも、猫が飼い主さんへ頭や体を擦りつける仕草をするのなら、ただ甘えたいだけなのかもしれません。

飼い主さんのそばを離れたがらない猫は、仔猫の気分が抜けていない可能性があります。特に室内飼いで避妊去勢の手術を受けている猫は、成猫になっても飼い主さんに母猫の存在を求めて甘えてしまう猫もいます。

幼少期に母猫と離れてしまう事も多い猫ですから、甘えてきた時はなるべく応えてあげたいですね。

2.飼い主さんに遊んでほしい

パソコンの前で寝る猫

猫のご機嫌が良く、遊んでほしいと思っている時にも、飼い主さんのそばで「ゴロン」と寝る事があります。目の前で「くるっ」と転がって見せたり、「くねくね」と体を床に擦りつけるような仕草をしたら、猫なりの「かまってほしい」というサインです。飼い主さんが忙しくてもおかまいなしにアピールする猫もいることでしょう。

猫の運動不足を解消するには、一日の中で短時間を数回に分けて遊んであげるのがとても理想的とされています。猫と遊びながらコミュニケーションをとれば、お互いのストレス解消にも繋がるので、積極的に応えてあげたいですね。

3.ごはんやおやつがほしい

片手をあげる猫

猫がゴロンと寝るのは、ごはんやおやつをおねだりしているのかもしれません。猫は賢いので、おやつのおねだりで成功した過去の経験から、要求すればもらえると思っているのでしょう。

「ニャーニャー」と鳴いて強くアピールする猫もいれば、飼い主さんに静かにすり寄って離れないなど、猫の性格によってアピールの仕方は異なります。

可愛い要求におやつをあげてしまいたくなりますが、栄養のバランスを考えて少量に留めておく事が大切です。おやつをあげない場合は、代わりにおもちゃで遊んであげるなど、別の方法で気を紛らわすのも効果的でしょう。

まとめ

PC作業中の女性のそばに寝転ぶ猫

飼い主のそばで猫が「ゴロン」とする行為は、飼い主さんとの信頼関係ができている証です。普段から飼い主さんが猫のお世話をしたり、過ごしやすい環境を整えることで、猫が心地よく安心して暮らすことができます。

ごはんをあげたり、遊んでくれる飼い主さんは猫にとって母猫のような存在になります。猫との適切なコミュニケーションで絆をより深めていきましょう。

スポンサーリンク