猫から『信頼できる人』認定される条件とは?4つのポイント

猫から『信頼できる人』認定される条件とは?4つのポイント

猫と一緒に暮らすと、必ず信頼されたいと思います。しかし、どのようにしたら信頼を得ることができるのでしょうか?ポイントを見てみましょう。

7548view

1.猫のペースを邪魔しないようにしている

パソコンの後ろを歩く白猫

嫌がっている時に、しつこく構ったり追いかけない人は猫から信頼されます。

猫が人間に要求があるときは、自分の方から近寄ってきます。猫が側にくる前に人間から近づくと、大抵の猫は嫌がって逃げていきます。あくまでも猫のペースで付き合うことが大切なのです。抱っこしたい触りたいなどと、人間の感覚で触れ合いを求めない方が良いでしょう。

2.ご飯をきちんと出してくれる

ご飯を食べる猫と横にいる女性

猫が欲しいなと思う時間にご飯をきちんと出してくれる人は、猫から信頼されます。

猫時計と言われるくらいに、猫は決まった時にご飯の催促にやってくるでしょう。もちろん、食べることが大好きで色々な時間に「お腹が空いた」と言いにくる猫もいます。本当に食べたい時にご飯やおやつを出してくれる、猫のことをきっちりとお世話できる人を猫は見抜いています。

3.トイレを掃除してくれる

トイレを終わったことを鳴いて知らせる猫

トイレをきっちりと綺麗に片付けてくれる人は、猫から信頼されます。

猫にとってトイレはとても大切な場所です。そして、常に綺麗で清潔なトイレで排泄をしたいと思っています。いつも排泄物を出しっ放しにしていたり、臭いや汚れをしっかりと拭き取らない人は嫌がられます。必ず、自分が使う気持ちになって掃除をしてあげてくださいね。

4.嘘をつかないで約束を守る

上目遣いに見上げる猫

猫との約束を守ることが信頼される第一歩です。

病院へ行くために「おやつあげる!」と言って誘い出した場合は、絶対におやつをあげましょう。猫の嬉しがることだけ言って約束を守らず、嫌なことをさせられては猫から信頼されることはありません。

まとめ

抱いてる人を見上げる子猫

猫から『信頼できる人』認定される条件とは?4つのポイントについてお伝えいたしました。

皆様は、全てのポイントをクリアしてますか?猫は人間の行動をよく見ています。間違えて早起きしてしまった時も、呼吸音で判別しているようですから猫にはバレています。

猫に信頼されるためには、私たち人間も素直な気持ちで猫に対すると良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク