猫が『覚えやすい名前』の特徴とは?4つのポイントとおすすめの名前

猫が『覚えやすい名前』の特徴とは?4つのポイントとおすすめの名前

名前を呼んだ時に、猫が返事をしてくれるととても嬉しいですよね。猫は自分の名前を言葉ではなくトーンや音で覚えているようです。それでは、猫の名前について考えてみましょう。

1188view

1.願いを込めた言葉

ハートを持って寝る猫

猫に対して願いを込める言葉を名前にすると、多く口に出すため猫も覚えやすいでしょう。

猫を家族に迎えると、どのように育ってほしいか考えますよね。愛情一杯に育ってほしい、長生きしてほしい、健康でいてほしいなどと猫に対して考えることが一番多いでしょうか。

引き取られる前の猫の状況、現在の世界の様子を考えて平和な世の中になってほしいとも思いますよね。そのような時は「ラブ」「ピース」「アース」などはいかがでしょうか。

2.長すぎず短すぎず

寝転がってこちらを見る猫

猫は言葉を理解していないようですが、トーンや音で判別をするようです。

そのために、長すぎる名前ではなく短い言葉にするとより覚えやすいようです。特に2文字で繰り返す言葉「ジジ」「ココ」「チャチャ」などは名前ランキングでも人気があるようです。

3.人前で呼ばれて恥ずかしくない

びっくりしている猫

呼ばれて恥ずかしくない名前が良いでしょう。

覚えやすいという事とは少し違いますが、恥ずかしい名前は覚えたくないものです。例えば、病院で診察を受ける時や友人が遊びにきた時に笑いを誘うような名前だと困りものです。猫は自分が笑われていると考えるだけで、その名前を拒否してしまうでしょう。

4.先住猫とは違う響き

仲間と離れて鳴く猫

大勢で暮らしているときは、それぞれ響きの違う名前をつけてあげましょう。

似たような名前をつけてしまうと、それぞれの猫が自分の名前を呼ばれた勘違いしてしまいます。何度も呼ばれると、猫も面倒臭くなり返事をしなくなります。誤解を少なくするためにも、変化させた名前にしてくださいね。

例えば二文字の名前と3文字の名前にするなど、音が異なるようにしてくださいね。

日常で使う言葉はNG!

こちらを見る猫

逆に、日常よく使う言葉は名前としては控えた方が良いでしょう。

大好きなスイーツの名前、料理でよく使う食材などは日常会話でよく使います。猫の名前に使うのはやめた方が良いでしょう。言葉が聞こえるたびに、猫が呼ばれたのではと混乱してしまいます。

まとめ

美しいアビシニアン

猫が『覚えやすい名前』の特徴とは?4つのポイントとおすすめの名前についてお伝えいたしました。

やはり、覚えやすい名前はあるようですね。その他、聞き取りやすい名前もポイントかもしれません。名前を呼ぶという事は猫とのコミュニケーションの一つです。大切に名付けてあげてくださいね。

スポンサーリンク