猫が『じっと外を眺める』のはなぜ?4つの意味

猫が『じっと外を眺める』のはなぜ?4つの意味

窓際に座って外を眺めている様子は、猫の可愛い仕草の一つですよね!家の外には、猫にとってどのような魅力があるのでしょうか。他にもなにか理由があって外を眺めているのでしょうか。今回はその意味を考えてみましょう。

1316view

1.テリトリーの確認

伸び上って窓から見る猫

住んでいる家の中と共に、周辺も猫のテリトリーです。

毎日じっと外を眺めて、テリトリーに変わったことがないかを確認しているのです。現在は完全に室内で暮らしている猫が多くなり、外で暮らす猫と出会うことが少なくなっています。しかし外で暮らす猫が多くいる地域では、窓越しから確認して戦々恐々な状況になってしまうかもしれませんよね。

2.リラックス

背中を見せて座っている猫

リラックスをしている時に、外をじっと眺めていることがあります。

気持ちを落ち着かせるためには、独りになることが一番です。人間の目や手の届かない場所に行って気持ちを無にしているのでしょう。猫は自分自身で、ストレスを溜めないようにするための解消方法を知っているのですね。

3.狩り気分

窓に手を当てて外を見る猫

動くものを見ていると狩気分を味わえるので嬉しいのでしょう。

窓から外を見ると、鳥が飛んだり電柱に止まっています。昆虫がヒラヒラと舞っている姿も見えるでしょう。「カカカカ」と言いながらじっと眺めた後に、窓に向かって攻撃をしかけることもあります。

その他、車や人間の動く様子も見ることができます。動く物を見て狩りを想像しながら外を眺めているのでしょう。

4.日光浴

寝転がりながら外を見る猫

日中に、日の当たる場所でじっと外を眺めているときは日光浴をしているのでしょう。

人間がお風呂に入ることと同じ効果が期待できる日光浴です。グルーミングでも身体を清潔にできますが、日光浴は身体を消毒することができます。猫たちは、健康のために何をしなければならないか分かっているのですね。

まとめ

外を眺める猫

猫が『じっと外を眺める』のはなぜ?4つの意味についてお伝えいたしました。

猫にとって外を眺めることは、大変に魅力のあることなのですね。外を眺めているため、外へ出してあげなければストレスになるのでは?と考える必要はありません。逆に、外へ出ることで事故に遭ったり、感染症に罹患してしまう危険性が増します。

ただし、保護猫さんを家族に引き取った場合は、外での暮らしを思い出している可能性もありますので、脱走には気をつけてくださいね。

スポンサーリンク