猫が心を閉ざしてしまうのはどんな時?3つの要因と対策

猫が心を閉ざしてしまうのはどんな時?3つの要因と対策

それまでお互いに「なくてはならない存在」だと思っていたはず、なのに突然愛猫から嫌われた…!?そんな悲しい事態に遭遇してしまうことって実際にあるんでしょうか。きっかけは飼い主から見れば「些細なこと」でも愛猫にとっては「一大事」です。そんな猫にとっての一大事とはどんなことなのでしょうか。

1711view

1.警戒心が高まった時

猫と薬

どんなに大好きな飼い主さんに対してでも、ちょっとしたきっかけで愛猫から不信感を抱かれてしまうことはあります。

例えば無理やり病院に連れて行かれたり、嫌いな薬を飲まされそうになったり。

病気の治療としては仕方のないことなのですが、猫は嫌なことをされると「また同じことをされるのでは?」と警戒してしまうことがあります。

飼い主さんが愛猫のためを思ってしていることでも、「嫌なことをされた」という印象だけが強く残ってしまうようなのです。

このような場合は、愛猫の気持ちが落ち着くまでそっとしておいてあげるのが良いでしょう。

2.パニックになった時

驚く猫

突然大きな音がしたら人間でも驚きますが、聴力が人間よりもはるかに発達している猫の場合、その驚きようは人間の比ではありません。

怖がりな猫であればパニックを起こしてしまうこともあるでしょう。

しかし残念なことに、この大きな音を「飼い主さんのせい」と勝手に勘違いして、一時的に飼い主さんから距離を置く猫も存在します。

もしその音の原因が飼い主さんでない場合には完全に「とばっちり」。

でも大きな音がした時に飼い主さんが一緒にいたら、猫は「飼い主さんが何かした!?」と思ってしまうこともあるようです。

この場合は愛猫のパニック状態が落ち着くまで待つことが大切です。

もしパニックを起こしている最中に追いかけたりすると、余計に不信感を抱かれてしまう恐れもあるでしょう。

仲良しの同居猫がいる場合は、その同居猫が暫く寄り添うことで、パニックを起こした猫も落ち着きを取り戻してくれることもあるみたいですよ。

3.ストレスを感じた時

2匹の猫

猫は繊細な性格の場合が多く、ストレスを抱えやすい傾向にあります。

そのストレスのせいで、飼い主さんに心を閉ざしてしまうこともあります。

例えば飼い主さんが新しい猫を迎えた時、新入り猫にばかり気が向いてしまったりすると「自分のことはもう可愛くないのかな…」とストレスを抱えてしまうこともあるそうです。

新入り猫への嫉妬から飼い主さんに対しても攻撃的になったりしてしまう可能性も。

新しい猫を迎えたとしても、先住猫のことも「今までと同じ」ではなく「今まで以上」に可愛がるくらいがちょうど良いと言えるでしょう。

まとめ

悲しそうな子猫

とても懐いていた愛猫がある日突然心を閉ざしてしまう…なんて想像しただけでも悲しい話。

しかしこれは、ふとしたきっかけで実際に起こり得る問題なのです。

そのきっかけは、飼い主さんにとっては「些細なこと」でも、愛猫にとっては「とんでもないこと」の可能性があります。

猫に人間の言葉や気持ちが伝わっているかは分かりませんが、愛情はしっかりと伝わります。

そのため「相手は猫だから伝わらない」と諦めずに、対等な立場の存在として真剣に向き合うことが大切です。

スポンサーリンク