猫が『そばにいたい』と思っているときにする仕草4つ

猫が『そばにいたい』と思っているときにする仕草4つ

「猫は気まぐれ」なんて言いますよね。猫は自分の気持ちで行動するため、甘えたり、素っ気なくなったり、気持ちの変化が激しい動物だと感じるかもしれません。そんな猫にも飼い主さんのそばにいたいと思うことがあります。飼い主さんとしては、せっかくの愛猫の気持ちに気づいてあげたいですよね。今回は猫が「そばにいたい」と思っているときの仕草をご紹介します。

16699view

1.あとをついてくる

ついてくる猫

家の中で暮らす猫にとって、飼い主さんは母猫のような存在です。

大好きな飼い主さんのそばにいたい一心で、あとをついてくることがあります。

飼い主さんが別の部屋に移動すると、猫が追いかけてきたなんて経験があるかもしれません。

自分の見える場所にいてほしいという気持ちなのでしょうね。

2.くっついてくる

膝の上に乗る猫

猫は警戒心が強い動物です。

そんな猫が自分の体をくっつけるのは、心を許している証拠。

大好きな飼い主さんの匂いに包まれて安心出来るのでしょう。

猫がくっついて来たら、「そばにいたい!」と思っていると言えるでしょう。

優しく撫でて安心させてあげましょうね。

3.邪魔をする

腕に顔を乗せる猫

飼い主さんが仕事や作業をしているときに限って邪魔をしてくることがありますよね。

これは、「自分に注目してほしい」という気持ちの他に、「そばにいたい」と思っているときの仕草でもあります。

飼い主さんが集中したいのにお構いなしの様子に、「仕方ないなぁ」と思えてしまうのが猫の不思議な魅力なのかもしれませんね。

4.布団に入ってくる

布団で眠る子猫

猫にとって、寝ているときは無防備で敵に襲われる可能性が高い危険な状態です。

しかし、飼い主さんの布団に入ってきて無防備な姿を見せるのは、飼い主さんを信頼している証です。

安心して眠れる飼い主さんのそばで眠りたいと思っているのでしょう。

飼い主さんの顔の近くで眠る場合は、より信頼度が高いと言えます。

まとめ

前足を重ねる猫

愛する猫が幸せに暮らすためには、その時々の気持ちを読み取ってあげることが大切です。

猫の感情はわかりづらいと思われがちですが、そんなことはありません。

表情や仕草で自分の気持ちを精一杯飼い主さんに伝えています。

愛猫の気持ちに気づいてあげることが、より絆を深めることに繋がります。

ぜひ参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク