猫飼いさんは『出しっぱなし』に注意!猫の事故に繋がる危険アイテム3つ

猫飼いさんは『出しっぱなし』に注意!猫の事故に繋がる危険アイテム3つ

「パッと目を離した隙に愛猫が家の中の物で遊んでいたり、イタズラしようとしてた」という場面は、どの家でも起こりうる出来事です。中でも注意しなくてはいけないのは「出しっぱなしにしていた危険なアイテムに猫が近寄っている時」です。今回はどのようなアイテムが事故に繋がりやすいのか、なぜ出しっぱなしにしてはいけないのか、本記事で詳しく解説してまいります。

1543view

こんなもの出しっぱなしにしていませんか?

室内を歩く猫

猫を飼う上で注意しておきたいことのひとつとして、「危険なものは必ず使い終わったらしまうように気をつける」というのが挙げられます。

うっかり出しっぱなしにしていたせいで猫が思わぬ事故に巻き込まれてしまい、最悪の場合怪我や病気などに繋がる恐れもあるため、十分に注意しなくてはいけません。

今回はそんな「出しっぱなしにしておくと猫にとって危険な物」について解説していきます。

1.ハサミやペン、包丁などの尖ったものや切れやすい物

モノトーンカラーの文房具

ハサミや包丁といった刃物や、先が鋭く尖ったペンなどは放置しておくと非常に危険です。

おもちゃと思って猫がじゃれてしまうと、怪我の原因になる恐れがあります。

一瞬目を離した隙に愛猫がテーブルの上に乗って文房具で遊んでいたり、良い匂いにつられてキッチンに入り込み、包丁などのキッチンアイテムでじゃれようとする可能性は十分にあります。

そのため、鋭利な物や刃物などは、使ったら必ずすぐにしまうように習慣をつけておきましょう。

2.高い場所に置いてある割れ物

棚に飾られている花瓶と猫

高さのある棚の上に、割れ物などを置いたまま放置したりしていませんか?

猫はある程度高さのある家具の上でも簡単に登れる傾向にあります。

「これだけ高さがあれば猫の手には届かないだろう」と思って割れ物などを放置しているのは大変危険です!

お皿や花瓶、ガラスでできたオブジェなど、落下した時に割れる危険性のある物を猫が落として万が一割ってしまった場合、割れた破片の上を歩いて怪我をする可能性もあります。

このような事故を事前に防ぐためにも、割れやすい物は高さのない場所で厳重に保管することをおすすめします。

3.人間用の食べ物

お皿の上の食事を見つめる猫

人間用のごはんやお菓子などを食べたまま、ずっと机の上などに出しっぱなしにしておくのも非常に危険です。

人間のご飯やお菓子は、カロリーや油分、塩分、糖分などといった成分が猫の身体にとっては過剰に含まれているものが多いです。

そのため、これらを摂取してしまうと肥満や病気の原因に繋がりやすくなります。

また、チョコレートやネギ類、アボカドなど、猫が口にすると毒になる食べ物も少なくありません。

猫の命を守るためにも、人間の食べ物を安易に口に含めるような状態にしておくのは絶対にNGといえるでしょう。

まとめ

遊びたい猫

人間の世界には猫にとって危険な物がたくさんあります。

今回紹介したような危険物を出しっぱなしにしてしまうと、目を離した隙に思わぬトラブル発生…ということにもなりかねません。

整理整頓という意味だけでなく愛猫の安全のためにも、日頃から物をしまう癖をつけるようにしておきましょう。

スポンサーリンク