猫が飼い主に喋ってくるのはなぜ?5つの心理

猫が飼い主に喋ってくるのはなぜ?5つの心理

愛猫が、まるで喋るようなニュアンスで鳴くことがありませんか?猫はなぜお喋りなのでしょう。今回は、飼い主さんに話しかける猫の気持ちを紹介いたします。

17800view

飼い主さんに話しかける猫の気持ち

話しかける猫

「猫ってお喋りだなぁ」と感じることはありませんか?

猫はなぜ人間に話しかけてくるのでしょうか。

ここでは会話が好きな猫の気持ちを5つ紹介いたします。

1.飼い主さんがよく話しかけるから

愛猫によく話しかけていませんか?だとしたら、愛猫もお喋りになる可能性があります。

そもそも猫が鳴くのは、人間同士のコミュニケーションを意識しているからです。

飼い主さんの声を聞いて猫なりに返事をしたり、ニャーという声を使って思いを伝えるようになるのです。

2.挨拶をしている

「ニャッ」という短い声で話しかけるのは挨拶です。

「おはよう」「おかえり」「ごちそうさま」など、様々なシチュエーションで聞こえてくる猫語になります。

3.要求がある

女性に話しかける猫

ご飯の催促やトイレ掃除の要求など、何かしてほしいことがあるときも鳴き声で知らせます。

ここで用いるのは「ニャーン」という長めの鳴き声です。要求が通らないと声が大きくなります。

空腹時には「ごあ〜ん(ご飯)」のような、より人間の言語に近い声を発してくることもあるでしょう。

4.あいづちや返事を返す

愛猫に話しかけると「ニャー」や「うーん」のような返事が返ってくることがありますよね。これはイメージ通り、返事を返してくれています。

日頃から愛猫の猫語に対して返事を返してあげると、返事をすることを覚えます。

聞き上手な猫は、飼い主さんも聞き上手な方なのかもしれませんね。

5.苦痛を訴えている

いつもと変わらないスキンシップの中で、唸り声や悲鳴に近い声が聞こえたらSOSのサインです。どこかに痛みを感じています。

まずは外見から分かる怪我がないかチェックしてみてください。被毛をかき分けて皮膚の様子も見てみましょう。

さらに食欲や元気の有無、排泄の様子なども見てみましょう。

明らかにおかしな点があったり、次の日も同じような反応が見られたら診察を受けてください。

まとめ

鼻を舐める猫

猫が喋るように鳴く理由を紐解いてみると、人間をよく観察し、意識していることが分かりました。

愛猫が話しかけてくれたら、その思いに耳を傾けてあげたいですね。

よく聞く言葉を音や雰囲気で理解する能力もあるので、飼い主さんも積極的に話しかけてみてください。

人間のように会話が成立するわけではありませんが、心が通じ合った気がして楽しいですよ。

スポンサーリンク