猫が『添い寝』するのはなぜ?5つの意味

猫が『添い寝』するのはなぜ?5つの意味

猫の中には添い寝を好む子がいます。なぜ添い寝をしてくれるのでしょうか。今回は添い寝に込められた意味と、一緒に眠る際に注意してほしいことについて紹介いたします。

2681view

猫が添い寝をするのはなぜ?

眠る猫

猫はなぜ、飼い主さんと添い寝をするのでしょうか。

ここでは添い寝に込められた5つの意味を紹介いたします。

1.母猫のように思っている

子どもが誰かに添い寝をしてもらうと安心するように、子猫らしさが残る猫は添い寝をすると安心します。

毎日添い寝をする猫は、飼い主さんを母猫のように慕っているのです。

2.信頼している

猫は警戒心が強い動物なので、不信に思う相手のそばで眠ることはありません。

飼い主さんに寄り添って眠るということは、心を許している証です。

3.縄張りにしている

猫は、安心できる場所を自分の縄張りにします。

飼い主さんや飼い主さんのお布団も、居心地のよい縄張りの1つとして大切にします。

4.日課になっている

猫は、自分で決めたルーティーンに沿って生活しています。添い寝も日課のひとつになっているのでしょう。

就寝時間がズレると早く布団に入るように催促してされるのではないでしょうか。

愛猫に合わせるうちに、飼い主さんも規則正しい生活リズムになるかもしれません。

5.寒い日は猫団子に限る!

添い寝が寒い季節限定の場合は、暖を取ることが目的かもしれません。

「寒い日は猫団子に限るわ〜」と思っているのでしょう。

猫団子とは、親しい猫同士が身を寄せ合って温まる行動です。相手が人間でもやります。

真相を知ると残念に思うかもしれませんね。それでも飼い主さんを信頼し、親しみを持っていることは間違いありません。

添い寝で気をつけたいこと

見つめる猫

愛猫が添い寝をしてくれるのはありがたいのですが、いくつか気をつけてほしいことがあります。

押し潰さないように気をつけて

添い寝で最も恐ろしいのは、愛猫を押し潰してしまうことです。

家猫は警戒心が薄いので、案外ぐっすり眠れます。飼い主さんの寝返りに気づかないこともあるのです。

愛猫が眠ったら、少し距離を取って眠るようにすると良いでしょう。

充電器のケーブルに注意する

ベッドや布団付近に充電ケーブルを置いている方も多いでしょう。

猫にとっては格好のおもちゃになります。感電や火災のリスクがあるので注意が必要です。

ケーブルが見えないように置いたり、カバーを活用して防ぎましょう。

まとめ

布団で添い寝する猫

愛猫が添い寝をしてくれると、心地よい眠りに誘われますよね。

猫自身は様々な理由で添い寝をしていることが分かりましたが、少なからず猫も癒されているのでしょう。

特に甘えたいという気持ちが強い場合は、母猫になった気分で撫でてあげると喜びます。

くれぐれも押し潰さないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク