猫を幸せにする飼い主とは?4つのポイント

猫を幸せにする飼い主とは?4つのポイント

いつも私たち人間に癒しを与えてくれる猫。では、猫の方はどうでしょうか?幸せを感じているのでしょうか?猫が幸せに暮らせるかどうかは、飼い主次第です。飼い主として、私たちは何に気をつけたらいいでしょうか?

1764view

1.猫をびっくりさせない

絨毯の上に伏せている猫

飼い主が突然大声を出すと、猫はびっくりしてしまいます。

急な動きや、大きな動作にも恐怖心を抱いてしまうのです。

そんなことが続くと、ストレスを抱えてしまいますし、飼い主への信頼度も下がってしまいますね。

猫に好かれやすいのは、優しい穏やかな人だと言われています。

猫に話しかける時は大声を出さず、ゆったりと猫と触れ合うことができれば、猫は安心してくれるのです。

2.猫を構い過ぎない

部屋を出ていく猫の後ろ姿

猫とのスキンシップは、とても大切です。

でも、あまり猫を構い過ぎるのはいけません。人間の都合だけで猫を構っていると、イライラさせてしまうことに。

猫は飼い主が大好きですが、ひとりでいたい時もあるんです。あまり触ってほしくない時もあります。

猫は、甘えたくなると自分から寄ってくるものです。猫からのアピールがあったら、たくさん撫でてあげましょう。

長時間触られるのも嫌うので、猫の様子を見ながら、猫のペースに合わせてあげることがポイントです。

3.お世話を欠かさない

猫のブラッシングをする女性

猫を飼っていたら、食事やトイレの掃除など毎日のお世話は欠かせませんね。

猫と遊んであげたり、ブラッシングや爪切りなどのケアも必要です。

さらに猫には過ごしやすい環境があり、決まった時間に食事をきちんと食べられて、トイレは常に清潔な状態。

このような基本的なことができていなければ、猫を幸せにすることはできません。

とはいえ、忙しかったり、疲れていたりすると、これをキープし続けるのは正直なかなか大変なものです。

でも愛猫は、飼い主が一生懸命な姿をちゃんと見ていますよ♪

4.経済的な余裕も必要

計算機と猫

生き物を飼う以上、現実的にお金はかかります。それも、思った以上にかかるかもしれません。

毎日のごはんやトイレの砂は、必要最小限。それ以外にも、爪とぎやおもちゃなど、意外と出費は多いものです。

夏場に飼い主の留守中も冷房をつけておく場合など、光熱費もかかります。

さらにそれだけではありません。

ノミ・ダニの駆除や予防、去勢・避妊手術、ワクチン接種などで動物病院に行く機会も多いもの。ケガや病気で病院にかからないとも言い切れません。

どんなに愛情を注いでいても、経済的に自立していなければ、猫を幸せにすることは難しいでしょう。

猫を飼う前に、猫の飼育費用を捻出できるかどうか、よく検討する必要があるのです。

まとめ

猫の顎を撫でる人の手

猫に幸せでいてもらうための最も大切なポイントは、猫を理解するということ。

よかれと思ってやっていることも、愛猫の習性に合わないことがあるからです。

マイペースな猫に飼い主の方が合わせてあげることが、結果として猫の幸せにつながります。

スポンサーリンク